家出した小中学生が行く場所はどこ?犯罪に巻き込まれないうちに早期発見を

家出をした娘はどこに行ってしまったのか、娘が事件に遭う前に探しだしたい!とはいえ一体どこから探していいのか検討が付きませんよね?

小中学生が家出をしても行ける範囲は限られているため、遠くまで行っていることは多くありません。

ここでは家出をした子供が、どういったところに潜伏しているのか、事例を紹介したいと思います。

両親が不在がちな友達の家にいる

一番多い家出した先の潜伏先が友達の家です。

もちろん、それなりに親しくないと泊まることはできませんから、仲のいいお友達に一人ひとり連絡をしてみるのはありかもしれません。

ただし、その友達が不良少女、不良少年だった場合は家出をきっかけに悪の道に引きずり込まれ、グレてしまうことも。

もしお友達の家にいることがわかった場合はお友達のご両親か、学校にお願いして先生から連絡をしてもらいましょう。

祖父、祖母の家

優しいおじいちゃん、おばあちゃんなら自分の事をわかってくれるはず、そう思って祖父、祖母の家に家出するパターンも多いです。

この場合、多少遠くても電車やバスを使って移動してしまうことがあり、連絡が取れないことも。

もし祖父、祖母の家にいるなら安心できますが、娘さんが道を覚えていないと迷子になってしまい、発見が困難になってしまう可能性も。

地元で迷子になっても帰ってこれますが、地方で迷子になってしまうと万が一犯罪に巻き込まれてしまった場合、発見が困難になります。

ネットカフェで時間つぶし

頼れる友達やおじいちゃん、おばあちゃんの家がない場合に行き着く先はネットカフェです。

スマホの充電ができる上、漫画やインターネット、ゲームまで暇つぶしには持ってこい。

ただし、未成年の場合は夜7時または8時までのことが多いため、店を追い出されたあとは次で紹介する公園や家族との思い出の場所に行くことが多いです。

公園のベンチで野宿

公園は行くあてがないときにたどり着く最後の場所です。

基本的に公園は誰でも使用できますし、食料はなくとも水は用意されています。

大きめの公園だと隠れるスペースも有り、体力の続く限り野宿を続けるお子さんも。

不審者の目にも止まりやすく、体力がなくなった時の「うちに泊めてあげようか?」という甘い言葉につられて付いていってしまうこともあるので油断はできません。

これらは昔から家出をした時の定番でしたが、インターネットが発達した現在ではtwitter(ツイッター)、instagram(インスタグラム)、facebookなどで「誰か泊めてもらえませんか?」と投稿すること(神待ち募集)で簡単に見知らぬ人の家に行ってしまうことが問題になっています。

神待ち募集で応募してきた人の家にいる

中学生のお小遣いでは所詮長くは家出できませんので、大体は2-3日で家に帰ってきます。

しかしお金がなくなったタイミングでたまたま神待ち掲示板などで相手が見つかってしまうと発見が長期化することも。

こちらは食事、寝床などを全て相手が用意してくれるため生活に困らず、家出が長期化する可能性が非常に高くなります。

神待ち募集に応募してくる人は単純に困っている人を助けたい、話し相手がほしい、といった善意で応募する人もいますが、中には中学生の身体を目的とした変質者も多くいるのも事実。

変質者の場合、そのまま家に帰してしまえば捕まってしまうため、スマホを取り上げて女の子を監禁したり、洗脳して帰宅が困難になってしまいます。

犯罪に巻き込まれる前に早期発見を

もし変質者の家に上がり込んでしまい、犯罪に巻き込まれてしまったら、きっと娘さんは一生残る精神的な傷跡を残してしまいますよね。

時間がたてばたつほど娘さんは帰りにくくなり、犯罪に巻き込まれるリスクを増やしてしまいます。

いかにして早く娘さんを助けるか、というのが重要なのです。

なお、警察に捜索願をだしても殆どは調査をしてくれることはなく、残念ながら当てにはできません。

参考リンク 捜索願をだしても警察は行方不明者の捜索をしてくれないってほんと?

娘さんは探してもらいたいと思っています

家出をしたお子さんは私は大丈夫、うまくやっていけると思っていたのにうまくいかない現実に叩きのめされ、恥ずかしい、気まずい、そのため帰りにくいと思っています。

だからあなたが見つけてほしいんです。「帰るつもりはなかったけど、見つかってしまったから仕方なく帰った」という口実がほしいと思っています。

家出が長期化するとますます帰りにくくなり、犯罪や事故に巻き込まれる可能性が高くなります。

大切な娘が犯罪に巻き込まれる前に探してもらうなら原一探偵事務所

ですから連絡が取れていたとしても責めたり、怒ってはいけません。家族が心配している事を伝えましょう。

決して「中学生なんかに家出なんてできるわけ無いでしょう!早く帰ってきなさい!」というような事は言ってはいけません。意地でも帰らなくなってしまい、家出が長期化してしまって娘さんも帰るきっかけを失ってしまいます。

家出をする意思があるならもう子供ではありません。一人前のプライドを持つ一人の大人として扱ってほしいと娘さんは思っています。

フォローする