バレない浮気調査カメラの選び方|おすすめのカメラ3選も紹介

バレない浮気調査カメラの選び方|おすすめのカメラ3選も紹介

「浮気調査に使うカメラはどんなものがいい?」
「おすすめのカメラを教えて欲しい」
「自宅のどこにカメラを設置すればいいのだろう」

パートナーの浮気調査を検討している方で、このような悩みを抱えていませんか?
調査に向いたカメラを使用することで、相手にばれることなく浮気の証拠を撮影できます。
また、設置場所を工夫したり他の調査グッズと組み合わせたりすると、より確実な証拠を集められ、パートナーに慰謝料を請求できるでしょう。
本記事では、浮気調査に使うカメラや設置場所、他にも役立つ調査グッズなどを詳しく解説していきます。

目次

浮気調査用カメラを自宅に設置することは違法ではない理由

自分の家に浮気調査用のカメラを設置することは、一般的に違法ではありません。
なぜなら、個人の私有物内での行為として、自己の所有する空間内での監視は法的に許容されているためです。

しかし、重要なのはカメラ設置の目的と方法です。
カメラが他人のプライバシーを侵害するような形で使用されたり、公共の場や他人の住居など、自分の所有ではない場所に設置したりする場合、それは違法行為となり得ます。

具体的には、カメラを設置する際には、その場所が個人の私的空間であるか、他人の権利やプライバシーを侵害しないかを慎重に考慮する必要があります。

最終的に、自己の所有する空間内での適切なカメラ設置は違法ではないと結論付けられますが、その使用方法には注意を払うべきです。

【自宅用】浮気調査用のカメラを選ぶときの4つのポイント

自宅に設置する浮気調査用のカメラを選ぶときは、次のポイントに注目しましょう。

  • バッテリーの容量が大きい
  • 小さくてカモフラージュしやすい
  • 動体検知機能が搭載されている
  • 赤外線機能が搭載されている

ポイントをひとつずつ解説します。

バッテリーの容量が大きい

自宅に設置する浮気調査用カメラを選ぶには、バッテリーの容量が大きいことが重要なポイントです。
なぜなら、バッテリーの容量が大きいカメラであれば、長時間の連続撮影が可能になるためです。

浮気調査では、不在時にパートナーの様子をこまめにチェックしたい場合が多いでしょう。
そのとき、バッテリーが長持ちすれば、充電の手間が省け、調査中の撮影ミスを防ぐことができます。

たとえば、5000mAh以上の大容量バッテリーを搭載したカメラなら、1回の充電で約24時間以上の撮影が可能です。
1日中留守にしている場合でも、充電の心配なく調査を続けられるでしょう。

したがって、自宅用の浮気調査カメラ選びでは、長時間の連続撮影を実現できる大容量バッテリー搭載モデルを選ぶのがおすすめです。

小さくてカモフラージュしやすい

サイズが小さくてカモフラージュしやすいのも、浮気調査用のカメラを選ぶときのポイントです。

カメラの存在がパートナーに知られると、浮気調査の目的が達成されなくなります。
そこで小型カメラであれば、より隠しやすく、家の中に自然に溶け込むデザインのものを選ぶことで、パートナーに疑われるリスクを減らせます。

また、防犯カメラとしての機能も果たすため、万が一見つかっても防犯目的だと説明しやすくなります。
自宅でカモフラージュしやすいカメラは、以下のとおりです。

  • ペン型
  • 時計型
  • モバイルバッテリー型
  • メガネ型
  • 火災報知器型

浮気調査において、カメラのカモフラージュのしやすさはとても重要です。

動体検知機能が搭載されている

自宅に設置する浮気調査用のカメラを選ぶときは、動体検知機能が搭載されていることも大切なポイントです。

なぜなら、動体検知機能があるカメラは、人の動きを感知して自動的に録画を開始できるため、証拠収集の効率が良いためです。

浮気調査では、不在時にパートナーが訪れた浮気相手の動きを捉えたい場合が多いでしょう。
そのとき、カメラが人の動きを検知して録画すれば、パートナーの不審な動きを確実に記録できます。

たとえば、玄関やリビングなどの共有スペースに設置したカメラが、浮気相手の訪問時刻や行動を自動録画してくれれば、手間なく証拠を得られるでしょう。
そのため、24時間調査をする必要がなくなり、証拠収集がスムーズになります。

赤外線機能が搭載されている

自宅に設置する浮気調査用カメラを選ぶときは、赤外線機能が搭載されていることも重要なポイントです。
赤外線機能があるカメラなら、暗闇でも物体をはっきり撮影でき、夜間の証拠収集が容易になるためです。

浮気調査では、夜遅くや明かりを消した寝室での不審な様子を記録したいケースが少なくありません。
そのときに赤外線撮影が可能なカメラがあれば、光量不足で映像が全く映らないといった事態を防げます。

たとえば、寝室にカメラを設置しておけば、ライトを消した部屋でのパートナーの浮気現場を、はっきりと捉えることができるでしょう。
夜間の行為が疑われる場合、赤外線カメラは欠かせない装備といえます。

浮気調査におすすめのカメラ3選

続いて、上記の特徴を持っていて、実際に販売されているカメラをご紹介します。
ご紹介するのは、次の3点です。

  • 超小型カメラ(菁华 JING HUA)
  • 隠しカメラ USBメモリ型(YYLUUT)
  • 多機能置き時計型カメラ(GooSpy)

ぜひ、カメラを購入するときの参考にしてください。

超小型カメラ(菁华 JING HUA)

引用:Amazon

連続録画時間外部電源を入れた場合:24時間
フル充電の場合:200分間
サイズ3.7×3.7×3.7(センチメートル)
動体検知機能あり
赤外線機能あり
最安値4,999円

「菁华 JING HUA」の超小型カメラは、コンパクトさと高機能が特徴の浮気調査カメラです。
わずか3.7cmの一辺を持つ小型の正方体で、100円玉と同じ大きさをしています。
重さはたった55gと非常に軽く、そのサイズと重量の組み合わせにより、簡単に隠すことができ、発見されにくいです。

この小型防犯カメラにはリチウム電池が内蔵されており、フル充電後には最大240分間の使用が可能です。
また、10000mAhのモバイル電源を使用すると、最大50時間の連続使用が可能となります。

さらに、このカメラは6つの940nm赤外線ライトを搭載しており、昼夜を問わず自動的に切り替わる機能が付いています。
この機能により、低光量環境でも鮮明な映像を捉えることが可能です。

キッチン屋さん

超小型カメラ「菁华 JING HUA」の口コミ

期待通りの大きさ、画質の良さでした。 カメラスタンドも付属しており設置にも自由度が高く良かった。 カメラ作動中も正面側には光るものがないので隠しカメラとして使うには良いです。


引用:Amazonの口コミ

隠しカメラ USBメモリ型(YYLUUT)

引用:Amazon

連続録画時間1.5時間
サイズ8.4×8.3×3.7(センチメートル)
動体検知機能あり
赤外線機能あり
最安値2,999円

YYLUUT社のUSBメモリ型隠しカメラは、ボイスレコーダーとしても活用できるUSBメモリ型のカメラです。
SDカードを挿入し、スイッチを入れるだけで録画できるため、機械が苦手な人でも簡単に操作できます。

このカメラは赤外線ライトを搭載しており、日中はもちろんのこと、暗い夜間でも撮影が可能です。明るい場所ではカラー映像を、暗い場所では自動でモノクロ映像に切り替わります。

このカメラの特徴は、動体検知機能による自動録画と上書き録画機能です。
動体検知機能を使うことで、怪しい動きを見逃さずに効率的に記録できます。

また、データが一杯になっても、古いファイルから自動的に上書き保存されるため、半永久的に繰り返し録画を続けることが可能です。

ぽなぽなさん

隠しカメラUSBメモリ型(YYLUUT)の口コミ

ぱっと見だけでなく、じっくり見ても、USBメモリーにしか見えません笑。これが小型カメラなんて凄いです。 赤外線での録画機能があるので、夜間かなり暗いところでもバッチリ写っています。夜になると自動的に赤外線に切り替わってくれるようです。ずっと動作しているわけではなく、人の動きを感知して勝手にスイッチが入ってくれる優れものです。

引用:Amazonの口コミ

多機能置き時計型カメラ(GooSpy)

引用:Amazon

連続録画時間8~9時間
サイズ10.7×3×6.1(センチメートル)
動体検知機能あり
赤外線機能あり
最安値6,999円

GooSpyの多機能置き時計型カメラは、その見た目の普通さと高度な機能性で、防犯用や監視用のアイテムとして非常に役立ちます。

このカメラは、置き時計の形をしているため、周囲に気付かれずに自宅や職場などでの撮影に最適です。特に、証拠映像の保存には重宝するでしょう。

このWiFi対応の小型カメラは、スマートフォンやiPhoneとペアリングすることで、遠隔地からの操作が可能です。
動画の再生や保存もスマートフォンから行えるため、使い勝手が良いです。

さらに、このカメラは5灯の不可視赤外線ライトを内蔵しており、最大10mまで照射できます。

そのため、完全に暗い室内でも撮影が可能で、消灯した部屋や夜間でも撮影できます。

多機能置き時計型カメラ(GooSpy)の口コミ

初めて使いましたが、設定も簡単で映像も綺麗で大変気に入りました!

引用:Amazonの口コミ

自宅で浮気調査のカメラを設置する最適な場所

自宅で浮気調査用のカメラを設置するときは、次の場所を選ぶと証拠を集めやすくなります。

  • 玄関
  • リビング
  • 寝室

ひとつずつ解説していきます。

玄関

玄関は、浮気調査カメラの設置に最適な場所です。
玄関にカメラを設置しておけば、パートナーが浮気相手を家に招き入れる場面を捉えられる可能性が高いためです。

浮気の証拠をつかむには、浮気相手が実際に自宅に訪れる様子を記録するのが手っ取り早い方法です。
その点、玄関の出入り口にカメラがあれば、浮気相手の訪問自体を撮影できます。

たとえば、インターホンと連動した玄関カメラを設置すれば、パートナーが相手を呼び入れる音声から、浮気相手の特徴をある程度把握できるでしょう。
また、密会の時間帯もチェックできます。

リビング

リビングも浮気調査カメラの設置に最適な場所です。
なぜなら、リビングは家族が共有する生活の中心空間であるため、パートナーが浮気相手を自宅に招き入れる場合、会話や接触が発生しやすい場所だからです。

浮気の証拠をつかむうえで、二人の親密な会話内容をキャッチできれば有力な材料になります。
その意味で、リビングの監視カメラは欠かせません。

たとえば、テーブル周辺に隠しカメラを設置すれば、パートナーと浮気相手が密着した姿や会話の様子を記録できるでしょう。
二人の親密ぶりがどの程度かを知る上で重要な情報源になるはずです。

寝室

寝室も浮気調査カメラの設置に最適な場所です。
寝室はパートナーが浮気相手と最も親密になりやすいプライベートな空間です。

浮気の決定的な証拠をつかむためには、二人の 密会の様子をできるだけ詳細に記録する必要があります。
その点、寝室なら会話以上の行為をカメラに収めることが可能です。

たとえば、ベッド周辺に小型カメラを設置すれば、パートナーと浮気相手のわいせつな行為そのものを映像データとして保存できます。
浮気の事実を否定できない決定的証拠となり得るでしょう。

カメラ以外で役にたった6つの浮気調査グッズ

カメラだけでなく、他の浮気調査グッズも利用すると、確実な証拠を集めやすくなります。
実際に浮気調査に使われて役にたったグッズは、以下のとおりです。

  • 浮気調査アプリ
  • 盗聴器
  • GPS発信機
  • ドライブレコーダー
  • ボイスレコーダー
  • 精液検出液

ひとつずつ解説していきます。

浮気調査アプリ

1つ目のグッズは浮気調査アプリです。
浮気調査アプリは、疑わしい配偶者の行動パターンを把握するのに有効なツールです。

具体的には、位置情報追跡や通話記録の監視など、配偶者のスマートフォンの活動を把握する機能を提供します。
たとえば、アプリを使って配偶者の位置情報を追跡することで、不審な場所への頻繁な訪問や予定外の動きを確認することが可能になります。

また、一部のアプリにはメッセージや通話記録の監視機能も備わっており、配偶者が誰とどのような会話をしているかを知ることも可能です。

これらの情報は、浮気の疑いを持つ人々にとって貴重な手がかりとなります。

ただし、浮気調査アプリの使用はプライバシーの侵害につながる可能性があるため、法的な側面や倫理的な問題を考慮する必要があります。

盗聴器

2つ目は盗聴器です。
盗聴器は、特定の場所での会話内容を捉えるのに適しており、視覚的な情報では得られない音声のデータを提供します。

自宅や車内など、疑わしい配偶者が頻繁に使用する場所に盗聴器を設置することで、その場での会話や電話の内容を記録し、浮気の証拠を収集することが可能です。

たとえば、配偶者が不在の際に家に設置した盗聴器は、帰宅後の電話会話や来訪者とのやり取りを捉えることができます。
この情報は、視覚的証拠と組み合わせることで、より確実な浮気の証拠を構築するのに役立ちます。

ただし、盗聴器の使用はプライバシー侵害や法的問題を引き起こす可能性があるため、使用にあたっては慎重な検討が必要です。

GPS発信器

3つ目はGPS発信器です。
GPSでパートナーの行動パターンや、具体的な場所をリアルタイムで把握でき、浮気の証拠を掴むことができます。

主に「ロガータイプ」と「リアルタイムタイプ」の2種類があります。
ロガータイプは後から行動を追跡でき、リアルタイムタイプは現在地を把握できます。
いずれのタイプも、パートナーの私物や車への設置が一般的です。

ただし、個人のプライバシーを尊重し、法律の範囲内での使用が求められます。

ドライブレコーダー

4つ目はドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーは、車内の映像と音声を記録できるツールです。
設置することで、パートナーが浮気相手と車で移動しているときの会話を録音できます。

ドライブレコーダーは、交通事故の際の状況証拠や盗難防止という、正当な目的で広く普及しているため、車に設置しても疑われにくいです。

ただし、パートナーがドライブレコーダーの存在を知っている場合は、証拠を掴むことが難しくなります。
その場合は、他のグッズと組み合わせて証拠収集を行いましょう。

ボイスレコーダー

5つ目はボイスレコーダーです。
ボイスレコーダーの主要な利点は、音声情報の詳細な記録能力にあります。

配偶者の電話会話や自宅での会話を録音することで、浮気の疑いを裏付ける証拠を収集することができます。
ボイスレコーダーは、特に自動録音機能や長時間録音が可能なモデルが有効です。

たとえば、長時間の不在時に配偶者が自宅で行う通話を自動的に録音し、浮気に関連する重要な情報をキャッチすることができます。

精液検出液

最後は精液検出液です。

精液検出液は、性行為の有無を確認するために使用されます。
浮気相手と性行為があった場合、パートナーの下着から精液を検出できます。

しかし、精液が検出されたからと言って、必ずしも浮気を決定づけるわけではありません。
自慰行為や夫婦間の性行為など、別の原因で付着した可能性もあるためです。
そのため、精液検出液だけでなく、別のグッズと併用してパートナーの動向を調べましょう。

自分で浮気調査をするときに覚えておきたい2つの注意点

探偵に依頼せず、自分で浮気調査をする場合は、次の注意点があります。

  • パートナーに調査がばれる可能性がある
  • 違法行為になる恐れがある

それぞれの注意点を解説していきます。

パートナーに調査がばれる可能性がある

自分で浮気調査をするときの最も重要な注意点は、調査がパートナーに発覚する可能性があることです。
たとえば、パートナーの私物を調べたり、尾行したりする行為は、容易に気付かれるリスクがあります。

不慣れな調査方法は、パートナーの疑念を呼び起こしやすく、関係のさらなる悪化を招くことがあります。
これらのリスクを回避するためには、慎重な計画と行動が必要です。

したがって、パートナーの行動パターンをよく理解し、怪しまれないようにデリケートに情報を収集することが求められます。

また、第三者によるプロの調査を検討することも、リスクを最小限に抑える方法の一つです。

違法行為になる恐れがある

自分で浮気調査をするときは、違法行為になる可能性がある点に注意が必要です。
調査の過程で、法律を遵守しなければ、プライバシーの侵害・違法盗聴・不法侵入などの罪に問われる恐れがあります。

たとえば、パートナーの通話を無断で録音する行為や、パートナーの個人的な空間に無許可で侵入することは、法律に違反する可能性が高いです。
適切な方法で調査を行うためには、事前に法律に関する知識を身につけることが重要です。

必要であれば、法的アドバイスを受けたり、プロの探偵に依頼したりすることも検討すべきでしょう。
これにより、法的なトラブルを避けながら、必要な情報を得ることが可能になります。

浮気調査をするなら探偵に依頼した方がいい3つの理由

上記で解説したように、自分で浮気調査を行うのはかなりのリスクが伴います。

そのため、可能なら探偵に依頼することをおすすめします。
他にも探偵に依頼した方がいい理由は、下記の通りです。

  • 浮気の事実をハッキリとさせられる
  • 裁判で使える強力な証拠を集められる
  • 調査がばれる危険性を減らせる

ひとつずつ解説していきます。

浮気の事実をハッキリとさせられる

浮気調査を行うときに、プロの探偵に依頼することが推奨される理由は、浮気の事実を明確に確認できるためです。
探偵は、法的な枠組みの中で証拠収集を行い、浮気の疑いを裏付ける具体的かつ信頼できる証拠を提供します。

たとえば、探偵は尾行や監視を通じて、パートナーの行動パターンを把握し、第三者との会合や怪しい行動を記録します。
これらの記録は、後の法的手続きや関係解決の際に有力な証拠となるでしょう。

また、探偵は証拠収集のプロフェッショナルであり、個人で調査を行う際に生じがちな法的リスクや感情的な問題を避けることもできます。

裁判で使える強力な証拠を集められる

浮気調査を探偵に依頼する最大の利点は、裁判で使える強力な証拠を集めることができる点です。

探偵はプロフェッショナルな技術と経験を持ち、法的な枠組みの中で証拠収集を行います。

たとえば、尾行や写真撮影を通じて、浮気の事実を示す具体的な瞬間を捉えることが可能です。
これらの証拠は、離婚訴訟や慰謝料請求などの法的手続きにおいて、重要な役割を果たします。

また、探偵による調査は、個人で行う調査と異なり、証拠の信頼性や合法性が高いという特徴があります。
探偵は、撮影した写真や動画、記録された会話など、裁判での証拠能力が高い資料を収集する方法を熟知しているため、浮気の事実を証明するための有力な証拠を手に入れることが可能です。

調査がばれる危険性を減らせる

浮気調査を探偵に依頼する大きな利点の一つは、調査がばれる危険性を減らせることです。
探偵はプロフェッショナルであり、目立たない方法で調査を行う技術を持っています

たとえば、探偵は尾行や監視をする際、目立たない服装を選んだり、特定の行動パターンを採用したりすることで、対象者に気付かれるリスクを最小限に抑えます。

また、探偵は調査に使う車両や機材も専門的なものを使用し、日常とは異なる手法での情報収集が可能です。
これは、素人が行う調査とは異なり、対象者やその周囲の人々に疑念を持たれる可能性がぐっと低くなります。

さらに、探偵には調査の際に生じるさまざまな状況に対応するための経験と知識があり、計画が露見するリスクを回避する方法を知っています。

探偵に浮気調査を依頼~調査完了までの流れ

もし、探偵に浮気調査を依頼するなら、おおむね次の流れで行われます。

  • お問い合わせ
  • 面談
  • 見積もりと契約
  • 調査開始
  • 結果報告と決済
  • アフターサポート

調査依頼の流れについて、詳しくはこちらの記事で解説しているのでご覧ください。
関連記事:浮気調査の流れは?何をする?スムーズに進めるためのポイントも解説 | 探偵おすすめ比較Pro

まとめ

最後に、浮気調査用のカメラと、自宅での設置場所をおさらいしましょう。

【カメラを選ぶときのポイント】

  • バッテリーの容量が大きい
  • 小さくてカモフラージュしやすい
  • 動体検知機能が搭載されている
  • 赤外線機能が搭載されている


【自宅での設置場所】

  • 玄関
  • リビング
  • 寝室

使用するカメラや設置場所を工夫すれば、パートナーが浮気をしている決定的証拠を撮影できます。
ただし、自分で浮気調査をする場合は、調査が行き過ぎてしまい、法律違反してしまうリスクがあることを否定できません。
そういったリスクを避けて調べたい方は、探偵に調査を依頼することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次