探偵に依頼する浮気調査のやり方は3つ!調査の内容まで解説

探偵に依頼する浮気調査のやり方は3つ!調査の内容まで解説

「パートナーが浮気している!まずは証拠を押さえたい」」

「プロの探偵はどのような浮気調査を実施するのか?」

「自分で浮気調査することは可能?」

パートナーの浮気を疑う上で、上記のようなお悩みはないでしょうか?

探偵は尾行・張り込み・聞き込みの3つのやり方で、浮気調査を実施します。

探偵の浮気調査は、探偵業法で認められている方法で行うため、違法にはなりません。

しかし、自分で浮気調査を実施すると、違法行為やパートナーにバレるなどのリスクがあります。

そこで本記事では、探偵の浮気調査のやり方・調査内容、自分でできる浮気調査のやり方について解説します。

目次

探偵の浮気調査のやり方・調査内容

探偵の浮気調査は、3つのやり方で行います。

尾行と張り込みがメインですが、聞き込みなどが行われるケースもあるでしょう。

ではさっそく、探偵の浮気調査のやり方について解説していきます。

やり方1:尾行

尾行のやり方は、2~3人の探偵が対象者であるパートナーを追跡し、バックに仕込んだカメラで撮影しながら、行動を記録します。

状況に応じて距離を保ちながら、交代を繰り返しつつ、パートナーにバレないように尾行しなければいけません。

歩行者が少ない街中ではパートナーとの距離を10mほどに保ちますが、人混みでは3m~5mにまで接近することもあるでしょう。

パートナーが車やタクシーで移動することを想定して、車両の準備も必要になります。

車両での尾行は2台~3台ほどの距離を保ちながら交通ルールも意識しなければならないため、さらにハードルはあがるでしょう。

電車やバス・飛行機など 、公共機関での移動も臨機応変に行います。

尾行は、バレないだけでなくパートナーを見失わないようにし、撮影を続けなければいけません。

証拠の撮影や、調査報告書に書く内容にもかかわるため、尾行は浮気調査のなかでも重要といえるでしょう。

やり方2:張り込み

張り込みのやり方は、撮影したい場所で待機して、パートナーと浮気相手をカメラで撮影します。

探偵の浮気調査では、ホテルの出入りを狙って撮影するケースが多いです。

調査の対象者を間違えないことはもちろん、あやしまれないようにしながら、鮮明に撮影をしなければいけません。

決定的瞬間をのがさないよう、夜間でも鮮明に撮影できるカメラを使い、カバンの中から撮影できる機材を準備します。

浮気調査の張り込みでは、撮影の機材を使いこなすテクニックも求められるでしょう。

調査車両からはビデオカメラでの撮影を継続しながら、ホテルからは写真の撮影を行い、たしかな証拠を押さえます。

決定的な不貞の内容を写真や動画で押さえるため、張り込みは重要な浮気調査です。

感情的になってしまうパートナーは、探偵のように重要な一瞬をあざやかに撮影できるとは限らないため、探偵に依頼するやり方なら安心でしょう。

やり方3:聞き込み

聞き込みは、撮影ができない場合に利用される浮気調査のやり方です。

この方法では、調査対象者の周辺の人物に話を聞き、関係性や行動パターンを探ります。

具体的には、調査対象者の行きつけの飲食店や美容室などの従業員に接触し、日頃の様子や知人の話などを尋ねます。

また、対象者と接点のある同僚や友人にも電話で聞き込みを行うこともあるでしょう。

日常的な聞き取りから、対象者の特徴的な行動や変化を捉え、浮気の有無を探るのが聞き込み調査です。

プライバシーに配慮しつつ、自然な会話の中から用心深く情報を引き出す技能が求められます。

浮気調査のやり方は探偵業法で認められている方法で行う

浮気調査は、探偵業法で認められている方法で行わなければいけません。

なかには不法行為を提案する探偵も存在するため、探偵選びは慎重に行う必要があります。

ストーカー規制法 

探偵が行う浮気調査のやり方は、ストーカー規制法の第2条により認められています。

この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。

一 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その現に所在する場所若しくは通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、又は住居等の付近をみだりにうろつくこと。

引用:e-Gov法令検索【ストーカー行為等の規制等に関する法律】

ストーカー規制法第2条によると、ストーキング行為は、特定の人に対する一方的な感情や怨恨を満たす目的で、その人やその親族に対して不適切な行動を取ることを指します。

探偵による浮気調査では、この不適切な行動を避けることが求められます。

そのため、調査は対象者のプライバシーや人権を尊重しつつ、法的な枠組み内で実施しなければなりません。

たとえば、個人の私生活に侵入するような行動を避け、公共の場での観察や合法的な情報収集手段に限定して調査を進めるべきです。

これにより、法的な責任を果たしつつ、依頼を適切に実行することが可能となります。

探偵業法

探偵業法の第2条では、業務として尾行や張り込みを行うことが認められています

この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。

引用:e-Gov法令検索【探偵業の業務の適正化に関する法律】

探偵業法の第2条により、探偵業務は特定人の所在や行動に関する情報を収集することを目的とし、依頼に応じて実施されます。

業務内容には面接による聞き込み・尾行・張り込みなどが含まれ、これらは法的に認められた方法です。

この法律の要点は、探偵が行う調査が依頼者の要求に応じたものであること、また、情報収集の手段が合法的である点です。

尾行や張り込みなどの行為も、探偵業法の範囲内で適切に実施される限り、合法とされています。

重要なのは、これらの活動が個人のプライバシーを侵害しないように、そして公共の秩序やモラルに反しない方法で行われることです。

自分でできる浮気調査のやり方

自分でできる浮気調査のやり方には、どのような方法があるのでしょうか?

探偵のやり方との違いを確認するために、詳しく見ていきましょう。

スマホチェック

自分でできる浮気調査の代表的なやり方は、スマホチェックやパソコンです。

  • LINEのメッセージやSNSのDМでのやりとり
  • 出会い系サイトやマッチングアプリへの登録
  • ブラウザの検索履歴

出会い系サイトやマッチングアプリでは男性は有料になるため、SNSと併用するケースが多いでしょう。

浮気相手と連絡をとるのであれば、LINEやSNSのDМを利用するケースが予想されるため、メッセージを確認して、証拠としてスクリーンショット画像を取得します。

一見、マッチングアプリとわかりづらいものや、写真や動画を保存しておけるアプリもあるため、参考にしてください。

ブラウザの検索履歴も、不倫の証拠となる情報が残っている可能性が高いです。

ただし、自分で取得した証拠は単体では認められない可能性が高いことを注意点として覚えておきましょう。

クレジットカードの明細をチェック

クレジットカードの明細チェックも、自分でできる浮気調査のやり方のひとつです。

たとえば以下の項目は、不倫をうかがわせる情報になります。

  • ホテルやレストランの予約
  • 浮気相手へのプレゼントの購入
  • コンドームなどの避妊具の購入

 確認したいポイントは、明細の日時と金額・内容が明確であるのか・定期的に利用しているかです。

定期的に飲食代やラブホテルの支払いをしているのであれば、不倫の証拠となる可能性があります。

ホテルやコンドーム購入の支払い履歴は、不貞の証拠として認められるケースが多いです。

明細に高額な支払いがある購入履歴は、浮気相手へプレゼントを購入した可能性が高いでしょう。

いずれもWEB明細を取得できるため、スクリーンショットで画像を残し、証拠として保管しましょう。

ただし、単体では不倫の証拠として認められる可能性は低いことにご注意ください。

給与明細をチェック

自分で行える浮気調査の方法の一つとして、給与明細のチェックも有効です。

たとえば、パートナーが残業や出張といった業務のために家を空けているといっても、給与明細にそれに対応する手当が反映されていない場合、不倫をしているかもしれません。

また、状況を記録するために、給与明細のスクリーンショットや写真を撮影しておくことを推奨します。

これにより、将来的な証拠として使用することが可能になります。

また、もし自分が家計を管理している場合、不自然にならないように、上手に給与に関する話を切り出すことも重要です。

自分で浮気調査するよりも探偵に依頼すべき理由

自分で浮気調査をするメリットはありますが、結果的に探偵に依頼したほうが依頼者の問題解決につながる可能性は高いです。

では自分で浮気調査するよりも、探偵に依頼すべき理由について詳しく解説していきましょう。

自分で浮気調査をするとバレる可能性が高い

探偵に依頼すべき理由は、自分で浮気調査をするとバレる可能性が高いためです。

一見、探偵の尾行は簡単にみえますが、経験がなければできません。

ターゲットのとの距離感・周囲への溶け込み方・撮影技術や張り込みなどは、短期間では習得できない調査スキルです。

顔を知られている依頼者と探偵では、尾行を開始する時点でバレる可能性に大きな違いがあります。

ターゲットにバレてしまってからでは、探偵に依頼しても証拠を押さえるためのハードルをあげてしまうことになるため、自分での調査はおすすめできません。

違法行為をしてしまうリスクがある 

探偵に浮気調査を依頼する主な理由の一つは、法律を遵守する上での安心感です。

個人が自分で調査を行う際、法律に関する知識が不十分であると、意図せず違法行為に及ぶリスクが高まります。

たとえば、尾行中に浮気相手の私有地に無許可で侵入してしまえば、住居侵入罪となる可能性があるでしょう。

一方、専門の探偵は、探偵業法など関連する法律を理解し、その範囲内で調査を行います。

彼らは、違法行為に陥ることなく、効果的かつ倫理的に情報を収集するための訓練と経験を持っています。

自分で調査を行う場合、気付かないうちに法を犯してしまう可能性があるため、リスクを避けるためにもプロの探偵に依頼することが望ましい選択です。

慰謝料請求や離婚調停などを優位に進められる

浮気調査を探偵に依頼すれば、調査報告書を作成してもらえます。

調査報告書とは、パートナーと浮気相手が会っていた日時や不貞行為が行われた場所などの行動記録を時系列で記載し、写真が添付された書類です。

浮気の事実を記録しており、内容の確実性が高い証拠として認められているため、裁判でも有用でしょう。

行動が細かく記されているため、パートナーに浮気を認めさせるための証拠としても重宝します。

自分で調査するやり方では、調査報告書の発行はできません。

調査報告書を作成してもらえることも、探偵に浮気調査を依頼すべき理由です。

浮気調査を探偵に依頼するための費用相場

ここまで探偵が行う浮気調査のやり方と内容、違法性などについて解説してきました。

自分で浮気調査をしようと思っていた方も、探偵のように行うことが難しいことを理解できたのではないでしょうか。

前向きに探偵への浮気調査を検討している方の中には、調査費用の相場について気になる方も多いはずです。

浮気調査の費用は探偵社によって異なりますが、いっさい目安がない状態では調査を依頼することができません。

そこで、探偵に浮気調査を依頼するときにかかる費用相場について詳しくみていきましょう。

探偵の浮気調査でかかる費用の相場

2005年3月に一般社団法人東京都調査業協会が実施した「調査料金のアンケート結果報告」をもとに、探偵の調査費用の相場をみていきましょう。

  • 時間あたりの調査料金
調査員2名の場合2.0万円以上~2.5万円未満 36%
1.5万円以上~2.0万円未満 28%
1.0万円以上~1.5万円未満 24%(諸経費別)
  • 車両費(調査用車両・バイク)に関して
1日1台あたり費用
      無料     36%
1.0万円以上~1.5万円未満 24%
1.5万円以上~2.0万円未満 16%
車両費を無料と回答した業者の時間
あたりの調査料金
2.0万円以上~2.5万円未満  50%
1.5万円以上~2.0万円未満  13%
                (諸経費別)

引用:調査料金のアンケート結果報告|東京の探偵興信所選びは東京都調査業協会

調査員が2名のケースにおける1時間あたりの費用のデータになっていますが、尾行の人数や諸経費も探偵社によって異なるため、調査費用も変化します。

調査データから、車両費の有無にかかわらず探偵の費用相場で割合がもっとも多いのは、1時間あたり2万円~2万5,000円でしょう。
たとえば、1時間あたり2万円の探偵社に1日5時間依頼すれば、1日あたりの費用は10万円にものぼります。

たった1日の調査で済むことは、ほとんどありません。
パートナーがいつ不貞を行うのか予想ができなければ、それだけ浮気調査の費用は高額になります。

ただし、探偵ならではの料金システムを理解し、信頼できる探偵社の契約プランを選べば調査費用を抑えることができます。
費用を抑えるやり方として、自分の希望にあった契約プランを選ぶために、さらに詳しく探偵の浮気調査の料金システムをみていきましょう。

探偵の料金システム

探偵社では、一般的に、3つの料金システムが設けられていますが、ここまで解説したのは時間料金制の契約プランです。
他のプランも見てみましょう。

契約プラン含まれる費用調査費用
時間料金制調査費、諸経費、調査報告書の作成費、基本料金1時間あたり10万円~
パック料金制調査費、諸経費、調査報告書の作成費などのセット料金20時間あたり35万円~
成功報酬制着手金、成功報酬100万円~
  • 時間料金制:パートナーの行動が予想できるとき
  • パック料金制:パートナーの行動が予想できずに調査が長期に及ぶとき
  • 成功報酬制:浮気の証拠を確実に押さえたいとき

パック料金制は、短時間で調査が完了すれば損をします。
成功報酬制の契約プランは、成果に対して報酬を支払いますが、「成果」の定義があいまいなままにしておくとトラブルに遭いやすいでしょう。

探偵に浮気調査を依頼するやり方は、自分で調査する方法と比べてしまうと、どうしてもお金がかかってしまいます。

探偵に浮気調査を依頼するときのポイント


 探偵に浮気調査を依頼するときのポイントについてご紹介します。
きちんと証拠は押さえられる?」「バレてしまい調査が失敗することはあるの?」などのお悩みがある方は下記ポイント参考にしましょう。

パートナーの情報を事前に提供する

探偵に浮気調査を依頼する際、パートナーに関する詳細な情報を事前に提供することは、調査の成功に大きく影響します。
具体的には、下記のような物理的な情報が重要です。

  • パートナーの全身と顔の写真
  • 勤務先
  • 所有する車の種類や色など

 これにより、探偵は対象者を識別しやすくなり、効率的に追跡できます。
また、穏やか・短気・細かいことに気づく・小心者などの性格特徴も重要です。
これにより、探偵は対象者の反応や行動を予測しやすくなります。

行動パターンに関しても、通常の出かける日時や曜日のサイクルを理解することは、調査計画を立てる際に役立ちます。
さらに、焦ると車の運転が荒くなるなどの行動特徴も、探偵にとって有用な情報です。

これらの情報は、探偵が行動パターンを解析し、調査戦略を練る際の基礎となります。

結論、探偵に依頼する際には、パートナーに関するできるだけ多くの情報を提供することが重要で、調査の効率性と成功率を高めるために役立ちます。

ふだん通りにパートナーと接する

探偵の浮気調査を成功へ導くのであれば、パートナーに調査を依頼していることがバレないようにしなければいけません。

不貞に勘づいていることを依頼者がほのめかしてしまうと、調査対象者であるパートナーは警戒心を強めます。
その結果、証拠隠滅を図る、浮気を中断するなどの対策をしてしまうため、不貞の証拠がつかみにくくなってしまいます。

たとえば、浮気の事実に耐えきれなくなってしまい「調査をしていて浮気していることは知っているのだから!」とつい口走ってしまうケースです。
つらくなってしまう気持ちはじゅうぶんに理解できますが、浮気調査はつらさから脱するための一歩と考えて辛抱してください。

探偵に情報を提供するために、パートナーにスケージュールを細かく聞き出す行為もバレる原因になるでしょう。
パートナーといつも通りに接することが、浮気調査を成功へ導くためのかかせないやり方だと心得ておいてください。

探偵の浮気調査でよくある質問

探偵の浮気調査でよくある質問をまとめました。

探偵の浮気調査期間はどれくらい?

全調査を終了して結果がわかるまでの期間は、1週間~2ヶ月です。
尾行や張り込みなどで、実際に探偵が調査する期間は3日~1ヶ月、調査結果のみがわかるまでの期間は最短リアルタイムでしょう。

興信所でも浮気調査は依頼できる?

興信所でもできます。
探偵も興信所も実質的には同じであるため、浮気調査も依頼できると考えておきましょう。

役にたった浮気調査グッズはある?

車を使って浮気相手に会うのであれば、GPSが役に立ちます。
自宅に招いているケースならば、小型カメラとボイスレコーダーが有効です。

ただし、GPSは無断でパートナーのカバンなどの持ち物に設置すればプライバシーの侵害に問われるため、使い方にはじゅうぶん注意しましょう。

まとめ

探偵が行う浮気調査のやり方や調査の内容について解説しました。

浮気調査は、尾行・張り込み・聞き込みと3つのやり方で行います。
探偵のやり方は、ストーカー規制法に抵触することなく探偵業法で認められているためご安心ください。

調査の内容は、依頼者の目的に見合った浮気の証拠や情報を押さえることです。
肉体関係の証拠となる写真と調査報告書を入手できるため、自分で行うやり方よりも法的に有用な証拠を押さえられます。

費用相場は高額にはなるものの、相見積もりにて自分に合った契約プランを選べばコストを抑えることができるでしょう。
依頼者の希望を叶えるためには、下記のような信頼できる探偵社に相談することが大切です。

スクロールできます
探偵社名AKI探偵事務所あい探偵総合探偵社AMUSE総合探偵社クロル
探偵届出照明番号
東京都公安委員会
第30170172号第30180176号第30150203号第30210097号
メール相談
出張面談
料金プラン1時間7,000円~(税込)
パック料金制
完全成功報酬制
1時間2,500円~(税抜)
成功報酬制など
1時間 3,980円~
(税込)
おまかせ調査プラン
18万円~(税込)
一緒に調査プラン
10万円~(税込)
セルフ調査プラン0円~
経過報告
実績弁護士から適法・適性との評価あり相談実績9万件相談実績2万5,000件調査員の調査件数3万2,000件の実績
口コミ評判良好Googleで4以上の評価Googleでの総評4.4みん評で4以上の評価
無料相談の窓口AKI探偵事務所 あい探偵 総合探偵社AMUSE総合探偵社クロル

迷ってしまう方には一定基準をクリアした優良探偵社を紹介してくれる安心探偵.comもおすすめです。
パートナーの裏切りによる悲しみから解放されて、幸せな日常を取り戻すことを祈っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次