浮気調査の期間は?期間を短縮して探偵に安く依頼する方法

浮気調査の期間は?期間を短縮して探偵に安く依頼する方法

「浮気調査を探偵に依頼すると、期間はどのくらいになるの?」
あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。
浮気調査のプランを立てるために、まずは期間を知り、料金を抑えられるように対策したい方もいるはずです。

また「調査結果を早く知りたい!」という方もいるでしょう。
調査の平均的な期間は1週間~2ヶ月ですが、依頼内容によって大きく異なります。

ここでは探偵に依頼したい方に向けて、浮気調査の期間や短縮するコツ、期間に応じておすすめの料金プランまでご紹介していきましょう。

目次

探偵の浮気調査期間の平均は?


 探偵の浮気調査期間の平均は、約1ヶ月~2ヶ月です。
ただし、調査の目的によっては期間が短くなるケースもあります。
浮気調査別の平均期間は、下記の通りです。

浮気の事実を確かめることを目的とした調査

探偵による浮気調査の平均期間は、目安として3週間から4週間程度かかるのが一般的です。
1回の調査だけで証拠をつかむのは難しく、調査予定日に浮気相手と会うかどうかも分からないため、数回にわたって調査を行うのが通常です。

探偵はその間、尾行や張り込みなどを行い、証拠を集めます。
加えて、調査報告書の作成にも日数がかかります。
また、結果だけであれば、当日に探偵からメールやLINEなどで経過報告を受けることも可能です。

経過報告のサービスをお探しの方には「総合探偵社AMUSE」がおすすめです。
浮気調査のプロ集団の「総合探偵社AMUSE」では、動きがあるたびにLINEなどで調査員から調査状況を報告してもらえます。

総合探偵社AMUSEへの相談はコチラ

裁判を目的とした調査

離婚調停や裁判を目的とした浮気調査の場合、通常、約1ヶ月から2ヶ月の期間を要します。
離婚調停や裁判で有利に進めるには、複数回の浮気を証明できる確固たる証拠が必要不可欠です。

そのため、裁判で採用される証拠としては、肉体関係をうかがわせるような証拠を押さえることが求められます。
また、浮気相手に慰謝料を請求する目的であれば、内容証明を送付しなければならないため、住所も調査しなくてはなりません。

このように、裁判目的の場合は多くの証拠が必要となるため、調査期間が長期化する傾向があります。

離婚調停や裁判が目的の浮気調査の場合は「総合探偵社クロル」がおすすめです。

総合探偵社クロルでは、調査終了後、調査内容を詳細に記載した調査報告書や写真などを提出します。
また、必要に応じて弁護士や司法書士などの専門家の紹介も行っています。

総合探偵社クロルへの相談はコチラ

浮気調査報告書の作成にも期間が必要

探偵による浮気調査報告書の作成には、1週間から2週間の期間がかかります。
調査報告書とは、パートナーの浮気行動や様子を時系列に沿って写真付きで詳細にまとめた資料です。

裁判目的の場合、探偵は証拠として効果的な写真を厳選し、正確な報告書を作成します。
また、調査期間が長くなれば、報告書に記載する情報量も増えます。

そのため、調査期間が長期にわたれば、報告書の作成にかかる時間も長くなるでしょう。

2. 浮気調査の期間が決まる要素


依頼者の目的がベースとなって探偵の浮気調査の期間が決まりますが、それだけではありません。

目的以外にも、2つの要素が浮気調査の期間に影響を与えます。

事前情報の有無

事前情報の有無は、浮気調査の期間が決まる重要な要素です。
探偵による浮気調査の期間は、依頼者が事前に準備できるパートナーや浮気相手に関する情報量に左右される部分が大きいためです。

例えば、浮気相手と会う予定の日時や場所が特定できれば、そのタイミングに合わせて調査を行えば効率的となります。
逆に、会うタイミングが曖昧だと、調査の機会を逸してしまう可能性があります。

また、パートナーの行動パターンや範囲がわかれば、探偵の調査計画が立てやすくなるでしょう。
依頼者が事前に収集できたささいな情報も、調査の手がかりとなります。

十分な情報がないときは、探偵が自ら情報を集める作業が増え、調査期間の延長につながります。
したがって、情報量に応じて調査期間が変動することを踏まえ、依頼前にできる限り情報を揃えることが大切です。

浮気調査の難易度

探偵の浮気調査の期間に影響を与える要素の1つとして、調査の難易度も挙げられます。
難易度を高める主な要因は、パートナーの警戒心です。

例えば、パートナーが過去に探偵による浮気調査を経験していれば、探偵の存在に敏感になり、自衛のため証拠を隠滅したり、一時的に浮気を中断したりする可能性があります。

このように警戒心が高まると、探偵はより慎重に、かつ巧妙に調査を進めなければならず、その結果、証拠を押さえるまでの期間が長引くことがあります。

探偵の浮気調査期間の長さによる料金の違い

浮気調査の料金は、探偵が実際に調査する期間の長さ、すなわち尾行や張り込みを行う時間や日数によって変動します。
調査期間の長さによって、選ぶべき料金プランは異なります。

ではどのくらいの期間でどれだけの料金が発生するのか、どのような人にどの料金プランがおすすめかをみていきましょう。

数時間の浮気調査費用

探偵に数時間の浮気調査を依頼する場合の費用相場は、1時間あたり1.5万円~3万円です。
東京都調査業協会のアンケートでは、調査員2名の場合の相場が公開されています。

調査員2名の場合の時間あたりの調査料金アンケート結果
2.0万円以上~2.5万円未満36%
1.5万円以上~2.0万円未満28%
1万円以上~1.5万円未満24%(諸経費別)

参照:調査料金のアンケート結果報告 | 東京の探偵興信所選びは東京都調査業協会

また、調査料金が1.5万円前後から2万円未満だと、車両費として1日1台につき1万円から1.5万円程度までの費用が発生するケースが多いようです。

確実に浮気相手と会う日時がわかる方は、数時間の浮気調査で済む可能性があります。
1時間あたりの調査に対して料金が発生する「時間料金制プラン」などがおすすめです。

1時間あたりの浮気調査を希望する方は「あい探偵」がおすすめです。
「あい探偵」では、1時間あたり、2,500円から浮気調査が可能となっております。
料金支払いも完全後払いで、訪問面談も完全無料のため、費用を抑えたい方におすすめです。

あい探偵への相談はコチラ

1日の浮気調査費用

探偵に1日(5時間~6時間)の浮気調査を依頼する場合の費用相場は、10万円~18万円です。
浮気相手に会う日時が予想できる方は、時間料金制プランがおすすめです。

ただし、浮気相手に会う日がわかっていても時間帯が予想できないケースでは、1日12時間の調査を行う必要があります。
時間料金制プランでは40万円近くの料金がかかるため、パック料金制プランがおすすめでしょう。

1日の浮気調査を希望する方は「総合探偵社AMUSE」がおすすめです。
「総合探偵社AMUSE」では、余った調査時間の払い戻しサービスを提供しています。
また、料金は「調査員の時間単価×調査時間+諸経費」のみの明瞭な設定のため、初めて探偵を利用する方におすすめです。

総合探偵社AMUSEへの相談はコチラ

3日間の浮気調査費用

探偵に3日間の浮気調査を依頼する場合の費用相場は、30万円~54万円です。
この費用には、交通費などの諸経費が上乗せされることが多いです。

特に、金曜日から日曜日の週末を狙って浮気調査を行いたい方には、この料金範囲が適用されます。
週末は多くの人が休日を過ごすため、浮気の行動が活発になる可能性が高く、この期間に調査を行うことで有力な証拠が得られる可能性が高いでしょう。

1週間の浮気調査費用

探偵に1週間の浮気調査を依頼する場合の費用相場は、80万円~90万円です。
パートナーが浮気相手に週1日程度会っていることが分かっている場合、1週間の調査が有効でしょう。

また、予測が困難な場合でも、探偵社はパートナーの行動パターンから推測し、1週間の調査を行うことが多いです。
実際、浮気相手に週1回から月1回程度会っているケースが多く、1週間の調査期間は証拠をつかみやすいとされています。

さらに、離婚や慰謝料請求を目的とする場合も、証拠を集めるためには最低1週間の調査期間を考慮する必要があります。

1週間の浮気調査を希望する方は「総合探偵社クロル」がおすすめです。
総合探偵社クロルでは、調査開始~完了まで追加費用は発生しないため、長期の調査になっても費用を抑えることができます。
アフターフォローも充実しているため、浮気調査が長期化しそうなケースにおすすめです。

総合探偵社クロルへの相談はコチラ

1ヶ月の浮気調査費用

探偵に1ヶ月の浮気調査を依頼する場合の費用相場は、100万円以上です。
特に、パートナーや浮気相手に関する事前情報が少ない場合にこの期間の調査が推奨されます。

また、長期にわたる調査を検討している方は「成功報酬制」プランの利用を考えてもよいでしょう。
成功報酬制とは、調査が成功しない限り料金が発生しない仕組みのことです。

しかし、成功報酬制にはさまざまな種類があり、探偵事務所によって取り扱い方が異なります。

例えば、成功報酬とは別に、調査開始時に必要な着手金が発生する場合があります
したがって、長期の浮気調査を検討する際には、探偵事務所の料金体系や成功報酬制の詳細を事前に確認することが重要です。

1ヶ月の浮気調査を希望する方は「AKI探偵事務所」がおすすめです。
「AKI探偵事務所」では、完全成功報酬プランを設けています。
「浮気相手と接触したがホテルや自宅などの密室に行かなかった」など、不貞の証拠が取れなければ料金はかかりません。

AKI探偵事務所への相談はコチラ

浮気調査の期間を短縮するコツ

浮気調査の期間や料金をみてきましたが、探偵の料金を抑えるのであれば調査は短期で済ませたいところです。
結論、調査期間の長さの鍵を握っているのは依頼者です。
依頼者自身が心がけるべきこととして、浮気調査の期間を短縮するコツについて解説していきましょう。

依頼前はパートナーの情報収集につとめる

浮気調査の期間を短縮するコツは、依頼前にパートナーの情報収集につとめることです。

パートナーはいつ浮気相手に会っているのか、曜日・時間・場所・会うサイクルなどをチェックしましょう。
行動パターンをチェックしておくことは、浮気調査における情報収集のメインです。
たとえば、パートナーの行動パターンが決まっていれば、次に浮気相手と会う日が予想できます。

W不倫の場合は、相手の家庭の都合もあるため、あえて会う曜日や日にちを決めている可能性も考えられるのではないでしょうか。

行動パターンを把握するためにはある程度の期間が必要になるため、探偵に相談へ行くまでチェックしておきましょう。
その他にも相談の際、探偵に求められた情報があるようならば、準備しておいてください。

依頼後は浮気調査がバレないようむやみな情報収集はしない

浮気調査を依頼した後は、調査が本格的に始まる前に自分でパートナーのLINEをのぞいたり、GPSをつけたりするのは避けた方がよいでしょう。

そうした行為がバレてしまうと、パートナーの警戒心が高まり、探偵の調査が困難になってしまうためです。

調査が思うように進まなければ、結果として調査期間が延びてしまうことになります。
探偵にとって、依頼者のむやみな情報収集で調査が失敗に終わるのは避けたいといえるでしょう。

したがって、探偵に調査を依頼した以上は、調査期間をできるだけ短縮するためにも、探偵任せにして自分の行動は控えることをおすすめします。
パートナーといつも通りに接することが、浮気調査の期間を短くするコツの基本です。

複数の探偵社を比較して選ぶ

浮気調査の期間を短縮するには、複数の探偵社を比較して選びましょう。
なぜなら、各探偵社によって得意分野や調査手法が異なるため、目的に合った探偵社を見極めることができるためです。

たとえば、ある探偵社は尾行調査に長けていたり、別の探偵社はSNSの解析が得意だったりします。
複数の探偵社の特徴を比較検討すると、調査対象者の生活パターンに合致した最適な探偵社を見つけることができるでしょう。

したがって、浮気調査の目的にあった探偵社を見つけるために、複数の探偵社の比較検討は効果的だといえます。
比較することで最適な探偵社を選び、調査期間の短縮を可能にします。

浮気調査の期間に関する注意点

最後に浮気調査の期間に関する注意点をみていきます。

慰謝料の請求には3年以内の期限がある

不倫相手に慰謝料を請求するのであれば、浮気の事実を知った日から3年以内に行わなければいけません。
注意点として、時効を迎える前に準備を行いましょう。

浮気調査は最短1ヶ月ですが、ここまでの解説通りさまざまな要因によって期間が長くなる可能性があることを忘れてはいけません。
すべての証拠を揃えるのであれば時間がかかるため、早めに探偵へ調査を依頼する必要があります。

参考:民法 | e-Gov法令検索

パートナーの裏切りで傷ついてしまい、相談できるのかどうか不安な方はカウンセラーが在籍する以下の4社ならば安心です。

スクロールできます
探偵社名AKI探偵事務所あい探偵総合探偵社AMUSE総合探偵社クロル
探偵届出照明番号
東京都公安委員会
第30170172号第30180176号第30150203号第30210097号
メール相談
出張面談
料金プラン1時間7,000円~(税込)
パック料金制
完全成功報酬制
1時間2,500円~(税抜)
成功報酬制など
1時間 3,980円~
(税込)
おまかせ調査プラン
18万円~(税込)
一緒に調査プラン
10万円~(税込)
セルフ調査プラン0円~
経過報告
実績弁護士から適法・適性との評価あり相談実績9万件相談実績2万5,000件調査員の調査件数3万2,000件の実績
口コミ評判良好Googleで4以上の評価Googleでの総評4.4みん評で4以上の評価
無料相談の窓口AKI探偵事務所 あい探偵 総合探偵社AMUSE総合探偵社クロル

上記探偵事務所は、経過報告にも対応しているため、早く結果を知ることができ、調査終了までやきもきする心配がありません。
実績も多く評判もよいため、安心して任せることができます。

相見積もりを依頼すれば、自分に合った探偵社を見極められるため、探偵選びで失敗したくない方はご検討ください。

短期間をウリにしている探偵事務所には注意

「安く済ませるために、短期間で調査してもらいたい」という理由で探偵を選んではいけません。
たしかに短期間で済めば料金は安くなります。

しかし、短期で安く調査ができたとしても、目的にあった証拠を押さえられなければ意味がないでしょう。
「即日」「最短」とアピールしている探偵社にはご注意ください。

また、「早く真相や結果を知りたい」と慌てて探偵を選んでしまうこともNGです。
結果、期間が延びて料金が高くなるだけでなく、証拠を押さえられなかったという事態を招くおそれがあります。

どんなに依頼を急いでいたとしても、探偵選びはきちんと行いましょう。
もしどのように探偵を選んだらよいのかわからない方やお急ぎの方は、安心探偵.comがおすすめです。

  • 探偵業届出証明書を取得済み
  • 過去の処分歴0
  • 見積もりの説明を徹底
  • 過去500件以上の調査実績

4つの審査基準をクリアした信頼性の高い探偵を、依頼者の希望に合わせて紹介してもらえます。

まとめ

探偵の浮気調査の期間について解説しました。
調査期間は、調査報告書の作成までを含めて、平均で1ヶ月~2ヶ月で、依頼者の目的がベースになって決まります。

結果を早く知りたい方は、経過報告に対応している探偵社を選びましょう。
なお料金に影響を与えるものは、実際に探偵が尾行などで浮気調査を行う期間のため覚えておいてください。

この他にも、期間に応じた費用相場と、どのような人にどのくらいの期間がおすすめか、そして期間を短縮するコツまでまとめましたのでぜひ参考になさってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次