探偵はどのように変装する?「プロが実践するテクニックをご紹介」

探偵はどのように変装する?「プロが実践するテクニックをご紹介」

「探偵はどのように変装して捜査をするの?」
「対象者にバレる心配はないの?」

浮気捜査など、変装を要する調査を探偵に依頼する際、上記のようなお悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。
事実として、プロの探偵は対象者にバレないよう、さまざまなテクニックを駆使して変装をしています。
変装を極めた探偵に依頼すると、確実な証拠を掴んでくれる可能性が高いでしょう。

そこで今回は、プロの探偵が実践する変装テクニック5選をご紹介します。

目次

プロの探偵が浮気調査などで実践する変装テクニック5選

「どのような方法で変装するのか?」は、変装が必要な調査を探偵に依頼するか検討している方は気になるのではないでしょうか。
そのような疑問を解消するためにも、まずはプロの探偵が浮気調査などで実践している変装テクニック5選をご紹介します。

現場に合った服装を選ぶ

探偵は、現場に合った服装を選ぶことを徹底しています。
なぜなら、現場に溶け込むような服装でなければ、対象者が違和感を持ってしまい、バレてしまう危険性が高まるためです。

たとえば、サラリーマンが多く行き交う平日昼間のオフィス街や、平日夜の居酒屋などではスーツを着用したほうが自然に感じるはずです。
一方、土日にスーツを着用していると違和感があるため、私服のほうが自然に感じます。

また、対象者が浮気相手と遊園地や映画館などでデートしている姿を尾行する際は、男性探偵と女性探偵で協力し、カップルを装っての尾行も効果的です。
このように、探偵は変装の際、服装による違和感を対象者に与えません。

目立たない変装を意識する

現場に溶け込む服装をしつつも、目立たない変装も意識するのがプロの探偵です。
目立ってしまうほど、対象者に探偵だとバレる危険性が高くなります。

服装なら、赤色や黄色など目立つ色の服を着ていたり、デザインが派手なTシャツを着ていたりすると非常に目立つはずです。
また、服装だけでなく、夜にサングラスをかけていたり、快晴なのに傘を持っていたりなど、そのような持ち物も対象者にバレる原因につながります。

不自然に目立つ人が自分の近くにいたら、誰でも警戒するでしょう。
そのため、プロの探偵はあくまで自然な姿、持ち物で変装します。

移動のたびに服装を変える

対象者にバレるリスクを少しでも下げるように、探偵は移動のたびに服装を変えています。
対象者によっては、複数の場所を行ったり来たりする可能性があります。
移動先のすべてで、同じような人物に遭遇したら、違和感を持つのは当然でしょう。

そのため、プロの探偵はさまざまな服装ができるように、スーツや私服、作業着などを積み込んでおり、持ち物も複数のカバンや革靴、サンダルなど、あらゆる現場に対応できるように準備しています。

たとえば、対象者が勤務中にはオフィス街におり、勤務終了後に浮気相手の自宅がある住宅街に移動したとします。

オフィス街の追尾ではスーツで問題ありませんが、そのまま住宅街まで追尾するのは不自然なはずです。
そのような場合、スーツから私服に服装を変えることで、近隣住民に溶け込むことができるわけです。

対象者の視界に1度でも入ったら変装を変える

移動の有無に関係なく、対象者の視界に1度でも入ってしまった以上、同じ格好のままでは気付かれるリスクが高いため、変装を変える探偵も多いです。

基本的には、対象者の後ろから行動を監視するため、視界に入らないように気を付けるのがプロの探偵なのではと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、優秀な探偵でも浮気の証拠写真を撮影するときなどは、後ろ姿だけでは決定的な証拠になる可能性が低くなるため、対象者や浮気相手の顔が見える正面や真横に近づく必要があります。

探偵が対象者の顔が見える位置まで移動すれば、対象者の視界に1度は入ってしまうでしょう。
また、後ろから監視していても対象者が振り返ったり、Uターンしたりしたときなども同様です。

そのような場合、同じ服装で追尾すると、対象者にバレる危険性があるため、少し距離を置いたあとで車やトイレなどで別人と感じるような変装に変えます。

体形のイメージを変える

探偵によっては、体形のイメージを変えるようなテクニックを使っている場合があります。
服装や持ち物を変えただけでは、体形のイメージまでを変えることは難しいため、体形が原因でバレるのではと心配される方もいらっしゃるでしょう。

しかし、シークレットシューズを履いて身長を高く見せたり、上着を多めに着て体格を良く見せたりもできます。
また、歩き方や姿勢を変えるだけで、体形のイメージが変わることもあるでしょう。
このように、探偵はさまざまなテクニックを活用し、対象者にバレないように変装をしています。

探偵が変装に使用するアイテムとは?

探偵は変装テクニックを活用するために、さまざまなアイテムを使いこなしています。
変装によく使われるアイテムを以下に記載します。

  • 数種類のふちが異なるメガネ
  • 帽子
  • 整髪料
  • マフラー
  • マスク
  • 数種類のネクタイ
  • 大きさが数種類のカバン
  • ジャケット
  • ラバーソールなど足音が響かない靴
  • 雑誌や新聞紙
  • コンビニの袋

服装だけでなく、日常生活で使われるアイテムも効果的です。
たとえば、現場周辺にコンビニがある場合、コンビニの袋を持っていると、買い物客として溶け込めるため自然に見えるでしょう。

メガネをかけたり、帽子を被るだけで雰囲気が変わる方も多いので、素人が見たら同一人物だとは思わないはずです。
このように、簡単に手に入るアイテムを使用するだけで、変装はできます。

探偵が対象者にバレないために意識していること3選

本章では、探偵が変装をし対象者を追尾する際、対象者に悟られないように意識していること3つをご紹介します。

尾行時より張り込み時に注意している

探偵は、もちろん尾行時にも対象者にバレないよう、細心の注意を払っています。
しかし、張り込み時は、尾行時以上に注意をする必要があります。
なぜなら、単純に張り込み時のほうが、対象者にバレるリスクが高いためです。

たとえば、対象者と浮気相手が飲食店で食事デートをしているときに張り込みをするとします。
そのときの対象者は、浮気相手との会話に夢中になっているかもしれませんが、ずっと浮気相手の顔を見ているわけではなく、無意識に周囲を見渡すことがあるでしょう。

そのように視線を偶然向けた先に、こちらをジッと見つめている人がいたら、その相手に対して警戒心を持つはずです。
すなわち、探偵が捜査を行っていることが対象者にバレるのは、張り込み時に警戒されていたことが原因であるケースも多いです。

そのため、張り込み時は飲食店なら他のお客さんと同様、新聞を読みながら食事したり、公園ならベンチに座り新聞紙を読んだりし、現場に溶け込むようさらに注意します。

証拠の入手より安全を優先する

探偵は対象者が浮気していたなどの証拠より、安全を優先して捜査をします。
決定的な証拠を入手しようと深追いした結果、対象者にバレてしまうことだけは絶対に避ける必要があるからです。

もし、探偵が捜査していることがバレてしまったら、次回以降の対象者は証拠を残さないように慎重に行動をしてしまいます。
1回目の捜査で証拠が掴めなかったとしても、バレなければ次回以降にチャンスはあります。

しかし、対象者にバレたことで、警戒をされてしまうと、決定的な証拠を掴むことは難しいでしょう。

優秀な探偵でも、1回の捜査で証拠を掴めるケースは多くはありません。
そのため、いざというときは証拠の入手より、対象者にバレないことを優先しています。

できるだけ1人では追尾しない

探偵が捜査をする際は、できるだけ1人では行わず、複数人の捜査員で対象者を追尾するようにしています。
1人で追尾を続けることは難しく、対象者を見失ったり、怪しまれたりするリスクが高くなるためです。

複数人で連絡を取りながら行うことで、捜査メンバーの1人が対象者を見失っても、もう1人がカバーできるなどのメリットがあります。

加えて、複数人の捜査員それぞれが現場に合わせた自然な姿に変装することで、対象者に捜査していることがバレるリスクを軽減できます。
そのように、対象者にバレるという探偵が絶対にやってはいけないミスを避けるために、プロ意識を持って捜査を行っているのです。

プロの探偵と素人の違いとは?

プロの探偵と素人の決定的な違いは、危機察知能力の高さです。
現場に溶け込むように変装していても、思いもよらないアクシデントにより、追尾が中断されることがあります。

そのような場合でも、プロの探偵は抜群の対応力で、追尾の中断を回避します。
たとえば、追尾中に、警察官から職務質問を受けたとしましょう。

素人の場合、声をかけられた瞬間焦ってしまい、警察官の対応をしている間に、対象者を見失ってしまう可能性が高いです。
しかし、プロの探偵は警察官が違和感を持ち、声をかけようとする前に、警察官の視界から消えていきます。

プロの探偵と素人で、これだけの差が出るのは、危機察知能力の違いです。
探偵は、仮に警察官などに声をかけられることがあっても、焦ることなく冷静に対処し、追尾を再開できます。

すなわちプロと素人は、単純に経験値が違います。
そのため、浮気などの決定的証拠を抑えるためには、プロの探偵に依頼したほうが安心でしょう。

探偵に浮気捜査を依頼すると料金はいくらかかる?

浮気捜査を2名の探偵で行う場合の料金の目安は、1時間あたり2万円前後といわれています。
ただし、捜査の内容によっては、料金が多少上下する可能性があります。

いずれにしても、探偵に浮気捜査を依頼する際にかかる料金は、決して安い金額ではありません。
探偵は熟練した技術が必要な専門職であることに加え、危険がともなうので、どうしても料金の水準は高いです。

また捜査によっては、交通費や宿泊費が高くなることもあるでしょう。

このように、探偵の技術や捜査の難易度によって、料金は変わります。

浮気調査の料金相場や流れなどについて、詳しくは下記の記事を参考にしてください。
関連記事:浮気調査の流れは?何をする?スムーズに進めるためのポイントも解説

料金が高いからといって素人が浮気調査を行うのは、難しいうえに、さまざまなリスクがあります。
そのため、パートナーの浮気の証拠を掴むには、探偵に依頼したほうが確実です。

証拠が取れなければ、料金はいっさいかからない探偵事務所も多く、その場合は結果が出たときのみ料金がかかるので、依頼して損をするリスクは低いと考えられます。

探偵への依頼は「安心探偵.COM」がおすすめ

パートナーに浮気の疑いがあり、決定的な証拠を抑えたい方には、「安心探偵.COM」をおすすめします。
安心探偵.COM」では、まず依頼者からヒアリングを行い、その結果を基に最適な探偵事務所を紹介してくれます。

実は、世の中には悪質な探偵事務所が存在するのです。
国民生活センターに寄せられた、探偵事務所とのトラブルに関する相談は、毎年右肩上がりになっています。

初めて探偵に依頼される方が、そのような悪質な探偵事務所を見抜くのは難しいでしょう。
ただ「安心探偵.COM」では、探偵業届出証明書を取得していたり、行政処分を受けていなかったりする優良な探偵事務所のみ無料で紹介してくれるため初めての方も安心です。

パートナーに浮気を認めさせるには、まず証拠が必要です。

証拠不十分では、離婚時に慰謝料などの請求ができない恐れがあります。
すなわち、確実な証拠を抑えてくれるプロの探偵事務所を紹介するのが「安心探偵.COM」です。

安心探偵.COMへの相談はコチラ

まとめ

探偵は、対象者にバレないように、さまざまな変装テクニックを駆使して捜査を行います。
現場に合った服装や目立たない変装をしたり、状況に応じて変装を変えることで、大半のケースでは素人に気付かれるリスクは低いといえます。

本記事でご紹介したプロの探偵が実践する変装テクニックは、ご自身で浮気捜査を行ったり、知り合いに会いたくなかったりする際にも利用できるテクニックです。

ただし、プロの探偵でも、1回の浮気捜査で証拠を掴むことは難しく、常に安全を優先して捜査をしています。

その中で素人が捜査を続け、パートナーの浮気の決定的な証拠を掴むのは、決して簡単とはいえません。
安心探偵.COM」では、優良な探偵事務所を無料で紹介してくれます。
自分自身でパートナーに浮気を認めさせるのは難しいと思われる場合は、プロへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

安心探偵.COMへの相談はコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次