GPSの取り付け場所でバレないのは?探偵のGPS取り付けは違法?

10.「GPSの取り付け場所でバレないのは?探偵のGPS取り付けは違法?」

「GPSの取り付け場所はどこにすればバレない?」
「GPSの取り付けは難しいの?」
「探偵によるGPS取り付けは違法って本当?」

GPSの取り付けを検討している方は、このような疑問を抱えていませんか。
リアバンパーはGPSの取り付け場所として最適ですが、車種やGPSの種類によっては難しいケースもあります。

こちらではGPSの取り付けに適している場所をはじめ、GPSの取り付け時の注意点をご紹介しましょう。
また、探偵によるGPS取り付けの違法性についても解説します。

目次

探偵によるGPSの取り付けは違法

自分でGPS発信機の取り付けをするのであれば、きちんと電波を拾えて、バレない場所を探さなければいけません。

夫の車に搭載されるドライブレコーダーやセキュリティによってGPSの取り付けがバレるおそれがあります。
セキュリティなどの設定状況がよくわからないという女性は、取り付け前に夫へ確認を済ませる必要があるでしょう。

GPS発信機の取り付けと場所には注意点も多いため、特に女性はバレずにできるのか不安を感じる方もいるはずです。
そこで探偵にGPS取り付けを依頼したいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

結論を言えば、探偵はGPS発信機の取り付けができません。
もし依頼者が許可したとしても、探偵がGPSの取り付けを行うことは違法です。
あくまでもGPSの取り付けや管理は、自分自身で行うことになるでしょう。

なおGPSの追跡情報を探偵に伝えるだけであれば、問題ないと考えられています。
探偵の調査に関する有益な情報を提供するために、GPS発信機は有効活用できるでしょう。

参照:ストーカー行為等の規制等に関する法律 | e-Gov法令検索

GPS発信機の取り付け場所は車がおすすめ

GPS発信機の取り付け場所は、車がおすすめです。
車は夫婦の共有財産として法律で認められているため、違法ではありません。

ただし、別居しているパートナーの車にGPS発信機を取り付ければ、不法侵入罪とストーカー規制法により違法となります。
社用車は他人の所有物のため、違法になると考えておきましょう。

車に取り付けるGPS発信機は、車の金属部分に磁石で設置するタイプが主流です。
金属であればどこへでも設置できますし、車外に取り付けても強力な磁力によって落ちてしまうことはありません。

磁石であれば女性でも簡単に取り付けできるためおすすめです。

ではGPS発信機の取り付けは、どのような場所がおすすめなのでしょうか。

参照:刑法 | e-Gov法令検索 ストーカー行為等の規制等に関する法律|e-Gov法令検索

【車外の取り付け場所】リアバンパーの内側

車外へGPS発信機を取り付ける場所としてもっともおすすめしたいのは、リアバンパーの内側です。
バンパーの内側には金属部分の車体がありますので、隙間に磁石のついたGPS発信機を取り付けます。

リアバンパーの内側は目立ちません。
またプラスチック製で電波も拾いやすいため、GPS発信機の取り付け場所として最適でしょう。

女性でも手を入れれば簡単に取り付けできる場所ですし、車外ですので充電も簡単にできます。
通信がスムーズにできて対象者にもバレにくいため、GPS発信機の取り付け場所としてもっともおすすめです。

【車外の取り付け場所】両サイドドア下の裏側

もうひとつ車外にGPS発信機を取り付ける場所として、車体の両サイドドア下部の裏側にある金属部分でも試すことができます。
磁石で固定できることはもちろん、目立たないためバレにくいことからおすすめの取り付け場所です。
リアバンパーと同じく、女性でも簡単に取り付けできる場所であることも、おすすめする理由でしょう。

ただし、車体の金属部分が妨げとなって、思うように通信できない可能性もあります。
GPS発信機を取り付ける場合は、位置情報やスマホとの通信状況を確認したうえでご利用ください。

また、サスペンションアームの上も、車外の取り付け場所の候補として検討できるのではないでしょうか。

【車内の取り付け場所】カーシートの下部やダッシュボードの中

車内のGPS発信機の取り付け場所は、カーシートの下部やダッシュボードです。

たとえば、助手席やリアシートの下部は、GPS発信機の取り付け場所として主流でしょう。
振動で動いてしまうと音によってバレてしまうため、きちんと磁石などで固定してください。

ダッシュボードも車内での取り付け場所のひとつとして利用できますが、固定はきちんとしましょう。
中にはリヤシートで利用する、運転席の背もたれにあるポケットにGPS発信機をしのばせる人もいます。

【車内の取り付け場所】トランクやチャイルドシート

トランクも、車内でのGPSの取り付け場所として利用できます。
対象者が車内の片づけをしないタイプであれば、トランクにある荷物の袋内にGPS発信機をしのばせてもよいかもしれません。

チャイルドシートの下や隙間へと、わからないように隠す方法も活用できます。

ただしどうしても車内の取り付け場所は限られてしまうため、車外と比較するとバレるリスクは高くなります。

パートナーの車によく乗る人であればよいのですが、そうでない方は車内への取り付けで勘づかれてしまうおそれがあります。
いつもと違う行動になってしまい怪しまれてしまいそうな方は、パートナーの入浴中や睡眠中を狙って取り付けを行いましょう。

スーツや鞄へのGPS取り付けは違法

GPS追跡装置をスーツや鞄に設置することは、プライバシー権の侵害にあたり、法的に問題がある行為です。
夫婦間であっても、この行為は許されません。
特に、車を所有していない方が代替としてスーツや鞄へのGPS設置を考えるケースがありますが、これは避けるべきです。

たとえば、夫婦間の信頼関係に基づく行動であっても、相手の同意なく個人的なアイテムに追跡装置を取り付けることは、その人の自由を侵害する行為となります。

GPSの取り付けは、共有財産に限られるため、個人の持ち物には適用が難しいのです。
したがって、プライバシーを尊重し、法的なリスクを避けるためにも、スーツや鞄へのGPS取り付けは控えるべきです。

GPS発信機の種類と値段

GPS発信機は、リアルタイムGPS発信機・GPSロガー・エアタグの3種類です。
手軽に使いやすいのはリアルタイムGPS発信機ですが、デメリットもありますので好みで選びましょう。

リアルタイムGPS発信機

リアルタイムGPS発信機は、リアルタイムで居場所がわかります。
検索したタイミングでリアルタイムの位置情報を確認できることが最大の特徴です。
浮気調査用のGPS発信機には、数か月間の履歴が残ります。

リアルタイムで位置情報を把握できるためバッテリーのもちはよくありませんが、手軽さがメリットです。

値段:約1,500円~7万円

GPSロガー

GPSロガーは本体が驚くほど小さく、行動履歴のすべてが本体に記録されます。
しかし、リアルタイムでの位置情報は確認できず、基本的にパソコンに接続してから確認しなければいけません。
浮気調査を目的として日常的に利用するのであれば、現実的ではないでしょう。

値段:約5,000円~8万円

エアタグ

GPSトラッカーのtile(タイル)やアップルのAirTag(エアタグ)は、メディアでも話題のGPS発信機です。
tileは、tileユーザーが近くにいれば居場所がわかりますが、ユーザー数が少ないため不安定です。
AirTagは、iPhoneユーザーに反応しますが、音が鳴るため浮気調査には不向きでしょう。

値段:tile スタンダードモデル Mate(2022)3,580円|AirTag 4,980円

GPS発信機をバレないように取り付けるポイント

GPS発信機をバレないように取り付けるポイントは、電波を拾えて見えにくい位置を選ぶことが大切です。
基本的に電波を拾える位置はバレやすく、電波を拾えない場所はバレにくいため、車種によっては死角を探さなければいけません。

自分で試してみるのが一番ですが、ここでは参考までにGPS発信機をバレないように取り付けるポイントを詳しくご紹介します。

車体よりも高い場所でバレない位置に取り付ける

車外にGPS発信機を取り付ける場合、車体の下部にGPS発信機を設置するケースは少なくありません。
下をのぞいたときにGPS受信機の設置がバレてしまいますので、見えない位置に取り付けましょう。

車体の下部だったとしてもフロントはエンジン下で高温ですし、坂道でGPS受信機がこすれてしまうおそれがあります。
GPS受信機の破損や外れてしまうおそれがあるため、リア方向の車体下部に設置しましょう。

リア方向でもGPS受信機の厚みによって車体下部よりもはみ出してしまうと、走行中、障害物にあたってしまうおそれがあります。
車体下部からはみ出さない高さになる場所を選んで、バレない位置に取り付けてください。

車の中心よりも外寄りのバレない位置に取り付ける

車体の金属部分が、GPSの位置情報やスマホ通信などの電波を妨害するおそれがあります。

車体の下部にGPS発信機を取り付けるのであれば、車の中心ではなく外寄りのバレない位置に設置しましょう。
複雑に入り組んでいる部分はバレにくいですが、GPSの役割を果たさないおそれがあります。

金属に囲まれないように工夫して設置することで、電波が拾いやすくなるでしょう。
取り付けに適した場所は車の外寄りになるため、GPSの設置ではぜひ意識してください。

手際よくバレないようにGPS受信機を取り付ける

対象者にバレないようにするためには、小さなGPS発信機を準備するとよいでしょう。
ただし、バッテリーの持ちが悪いことは、デメリットとして避けられません。
リアルタイムでの追跡ではバッテリーの消費が早く、こまめに充電しなければならないためバレやすくなります。

一般的に、小型GPSトラッカーのバッテリーは10~30時間ほどです。
車内で充電できない場合は、毎日取り外して充電しなければいけません。

だからといって、バッテリーの容量が大きければデバイスも大きくなります。
大きければGPSトラッカーの取り付け場所を探すことが難しくなりますし、バレるリスクも高くなるでしょう。

かといって小型でも取り外しの頻度が高くなれば、それだけ対象者にバレる可能性が高くなると、結局デメリットがあります。

GPSロガーと呼ばれる受信機は、小型でバッテリーが長持ちしますが、リアルタイムでの追跡はできません。
車から取り外してパソコン等で位置情報を確認できないため、それはそれでバレやすくなります。

GPS受信機を取り付けする以上、バレるリスクがついてまわることは避けられません。

バレるリスクを下げるのであれば、取り外しの際は手際よく行ってください。
取り外しのしやすさから結局GPSロガーよりも、トラッカーの利用が現実的です。

バッテリーの持ちと取り付けやすさのバランスを考えて、GPS受信機を選びましょう。

参照:CloudGPS《公式》 GPSデバイスのバッテリー消耗が急すぎる原因は?

GPS発信機の取り付けに関する注意点

GPS発信機の設置場所は限られていますが、取り付け作業に関しても注意点があります。
取り付け時だけでなく取り付けの前後に関する注意点もありますので、詳しく解説していきましょう。

車外への取り付け前にはGPS発信機を防水処理する

GPS発信機を車外へ取り付ける前に、ビニールテープなどで巻いて防水処理を施します。
特にGPS発信機のランプや充電のふた内部への水分侵入は、電気系統の故障につながりかねません。
ビニールテープを巻いて、防水処理を施しましょう。

GPS発信機の磁力が弱まってしまうことに不安を感じる方もいるかもしれませんが、問題ありません。
もとが強力なため、防水処理後も安定して利用できます。
むしろ女性であればちょうどよい磁力になり、GPS発信機の取り外しやすくなる可能性があるでしょう。

取り付け場所が車外の場合、故障を防ぐために防水処理することを注意点として守ってください。

磁石で取り付けられない場合は両面テープなどで固定する

車外・車内に関係なく、車種によっては磁石による取り付け場所がないケースもあります。

たとえば車体下がプラスチックのカバーで覆われている車種です。
プラスチックカバーの隙間から見えている金属部分に取り付けてしまうと、GPS受信機が丸見えになってしまいます。

しかし、車の奥にある金属部分に取り付けてしまうと、電波が拾えないので、プラスチックカバーの見えにくいところへ両面テープで固定しましょう。

プラスチックのカバーで覆われている車種は欧州車が中心ですが、近年では国産車でも増えています。
注意点として覚えておきましょう。

ドライブレコーダーや車のセキュリティ状況を確認しておく

GPS発信機の取り付け前に、ドライブレコーダーや車のセキュリティ情報を確認しておきましょう。
エンジンを停止していても、車に接近してくる人物に反応してドライブレコーダーでの録画を開始するタイプがあります。

取り付けを始めるとセキュリティが作動して大きな警告音が鳴る、異常をメールで通知する車種も珍しくありません。
何も知らずに取り付けを始めてしまうと、バレてしまうおそれがあります。

GPS発信機の取り付けにおいて、ドライブレコーダーやセキュリティの搭載・設定状況は必ず事前に確認すべき注意点です。

車検やオイル・タイヤ交換、修理時にGPSが見つからないようにする

車検やオイル・タイヤ交換や修理時に、GPS発信機が見つかってしまうおそれがあります。
注意点として、車検やオイル・タイヤ交換の時期が近づいてきたら、早めにGPS発信機を取り外しておきましょう。

なお急な車の故障や事故では対応しきれないため、GPS受信機の取り付けがバレてしまう可能性があります。
プロの整備士がGPS発信機の存在を見逃すはずはなく、取り付けされていた事実に関しても対象者に報告するでしょう。

バレないようにするための対処法は、GPSの設置をパートナーへ伝えないようにディーラーへお願いするしか方法はありません。
100%バレないようにできるのかどうかはディーラーにかかっていますが、やってみる価値はあるでしょう。

もし車庫にしまわないようなディーラーの場合は、夜間にGPSの取り外しをしに行ってもよいかもしれません。

取り付け後、GPSの電波を拾えていることを確認する

GPS発信機の取り付け後は、きちんと電波を拾えていることを確認しましょう。
もし電波が届かないようであれば、取り付け場所を変更しなければいけません。

利用時のことを考えれば、取り付け後の確認は必要です。
注意点として面倒であっても、GPSの取り付け後は電波の状況は必ず確認しましょう。

探偵にGPSの取り付け場所を相談しよう

離婚を検討していて、証拠をつかむためにGPS取り付けもしたいという方も少なくありません。

GPSが示す場所が、ラブホテルであれば不貞が行われたと確信できるため証拠として利用できます。

しかし離婚が絡んでくると話は別です。
GPSの位置情報だけでは、不倫の証拠としては弱いです。
対象者の位置情報だけでは信ぴょう性が低いと判断されます。

たとえ位置情報がラブホテルを示していたとしても、誰と一緒にいたのかまではわかりません。
GPSが示す位置情報の精度が確実ではないことも、証拠として弱くなってしまう理由でしょう。

これではいくらでも言い逃れができてしまいます。

離婚調停や裁判、慰謝料請求などを有利に進めるためには、不貞を証明できる確実性の高い証拠が必要になります。
探偵がつかむ証拠は、顔が鮮明に写っている写真を押さえるため言い逃れができません。
また調査報告書によって足取りもつかむことができるため、動かぬ証拠として認められる可能性が高いです。

結論を言えば、離婚を検討しているのであればGPS取り付けに加えて探偵へのご相談することが近道になります。

スクロールできます
探偵社名AKI探偵事務所あい探偵総合探偵社 AMUSE総合探偵社クロル
探偵届出証明番号
東京都公安委員会
第30170172号第30180176号第30150203号第30210097号
メール相談
出張面談
対応エリア全国対応
無料出張相談も可能
全国対応
全国84支社を設置
88の相談室を設置
全国対応
全国6支店を設置
東京/神奈川/大阪/
愛知/福岡/北海道
全国対応
全国6支店を設置
東京/埼玉/愛知/
大阪/岡山/北海道
料金プラン1時間7,000円~(税込)
パック料金制
完全成功報酬制
1時間2,500円~(税抜)
成功報酬制など
1時間3,980円~(税込)【おまかせ調査プラン】18万円~ (税込)
【一緒に調査プラン】10万円~ (税込)
【セルフ調査プラン】0円~
カウンセラーと
弁護士の連携
経過報告
実績弁護士から適法・適性との評価あり相談実績9万件相談実績2万5,000件調査員の調査件数3万2,000件の実績
口コミ公式掲載の評判良好Googleで4以上の評価Googleでの総評4.4みん評で4以上の評価
無料相談の窓口AKI探偵事務所あい探偵総合探偵社 AMUSE総合探偵社クロル

こちらは全国対応でどこの地域からも利用でき、調査スキルで評判の高い探偵事務所ばかりです。
相談者の要望に寄り添ってくれることも、評判ひとつでしょう。
この機会にGPSの利用によって調査コストを抑えられないか、まずは無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

GPSの位置情報は探偵の調査における有益な情報になる

GPSの位置情報「だけ」では、裁判の証拠として認められる可能性はほぼないと考えてよいでしょう。

せっかくつかんだGPSの位置情報は役に立たないのかと言われると、そのようなことはありません。
探偵が証拠をつかむために、GPSの位置情報が非常に役に立ちます。

GPSが示す場所がラブホテルだった場合、浮気相手と頻繁に利用している可能性が考えられるでしょう。
そこで浮気相手と会っている日に探偵へ依頼し、ラブホテルに張り込んでもらいます。

もしGPSの位置情報がなければ、事前準備として探偵に尾行までしてもらわなければいけません。
張り込みに加えて尾行の費用もかかるため、探偵への依頼費用が高くなってしまいます。
しかしGPSの位置情報があれば、その必要はなくなるため、探偵の費用を抑えることができるのです。

不倫の事実を認めさせるだけであれば、GPSの位置情報だけでもじゅうぶん問い詰められます。

しかし法的な証拠としては弱いため、離婚を検討するのであればGPSの情報に加えて探偵へのご相談がおすすめでしょう。

探偵事務所の中にはGPSのレンタルを行っている業者がある

ここまでの通り探偵はGPSによる調査はできませんが、GPSのレンタルを行っている業者もあります。

GPSをレンタルすれば、通常の調査費用よりも安く済ませられる可能性があります。
また探偵への依頼を検討している場合も、GPSを併用すれば費用を抑えることにつながるでしょう。

GPSのレンタルでおすすめの探偵事務所は、あい探偵です。
1時間あたり2,500円でレンタルできます。
気になる方は相談してみてはいかがでしょうか。

実際に通販などでGPSを購入するのであれば、取り付け場所やバッテリーの持ちなども意識して選ばなければいけません。
あれこれ考えてどれを選んだらよいのか悩んでしまう方も少なくないでしょう。

取り付け場所の相談などもできるため、GPSの購入や取り付けに不安を感じている方も安心して利用できるのではないでしょうか。

まとめ

GPSの取り付け場所は、リアバンパーの内側がおすすめです。
この他にも車体側面のドア下部や、車内も取り付け場所として検討できます。

水や熱を避けて電波が拾えることを意識してGPSの取り付け場所を探してみましょう。

GPS取り付けは違法になってしまうため、探偵が行うことはできません。
自分でのGPS発信機の購入や、取り付け場所を検討しなければいけないため、特に女性は戸惑ってしまうはずです。

あい探偵のようにGPSのレンタルを行っている探偵事務所であれば困ったことを相談できるため、心強いのではないでしょうか。
離婚を検討しているのであれば、GPSの位置情報と探偵の調査を併用して効果的に証拠をつかむことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次