探偵のストーカー調査とは?対策・調査が必要なケースまで徹底解説

探偵のストーカー調査とは?対策・調査が必要なケースまで徹底解説

「探偵のストーカー調査とは?」
「ストーカー調査を依頼すると被害から解放される?」

ストーカー被害に悩まされている方は、このような疑問を感じていませんか。

探偵にストーカー調査を依頼すると、被害の証拠をつかめます。
警察に警告や罰則を与えてもらうために、探偵の証拠は有効です。

ここでは探偵のストーカー調査とは何なのか、ストーカー対策はできるのか、調査が必要なケースなどを詳しく解説していきます。

目次

探偵のストーカー調査とは?

探偵が行うストーカー調査とは、尾行や張り込みなどでストーカー行為の決定的な証拠を押さえるための調査です。
つかんだ証拠は調査報告書にまとめられるため、被害の状況を詳しく確認できます。
ストーカー行為で用いる調査手法は、尾行と張り込み・聞き込みです。

ストーカー被害に遭ったら、まずは警察に被害届を提出します。
被害届を出すとき、警察にストーカー行為の実態を証明しなければいけません。
つきまとい被害の証拠をつかむために、探偵のストーカー調査が行われます。

なお総合探偵社クロルは、難易度の高い調査でも結果を出すことで評判の探偵事務所です。
持ち前の調査技術を生かして、ストーカー行為の証拠をつかみます。
ストーカー被害を解決したい方はご依頼を検討されてはいかがでしょうか。

総合探偵社クロルへの無料相談はこちらから

被害状況の確認と証拠収集

探偵が行うストーカー調査の主な手法は、尾行や張り込みでストーカー行為と疑われる決定的瞬間をカメラで撮影します。

  • いつどのようなストーカー行為に及んでいるのか
  • どのような嫌がらせをしているのか

このようなストーキングの実態を、時系列に沿って記録しなければいけません。

尾行や張り込み時に、ビデオカメラを併用するケースも多いです。
ビデオカメラは、ストーカーの決定的瞬間を捉えやすいメリットがあるためです。
同時に被害者宅に防犯カメラを設置して、証拠の収集も行います。

被害届を提出する際、警察に被害を正確に伝えるために、多くの証拠を準備すべきです。

ストーカーの身元調査

警察に被害届を提出するための準備として、誰がストーカーなのかを明確にしなければいけません。
探偵は尾行や張り込みにて、ストーカーの氏名や素性を明確にするための身元調査を行います。

人物を誤って特定すればストーカーは野放しになり、ストーカー行為がエスカレートする可能性もあるでしょう。
ストーカー被害を拡大させないためにも、犯人が誰なのかを確認すべきです。

ストーカー対策

証拠を押さえることがストーカー調査の目的ですが、被害者の安全を確保するための対策も行われます。

たとえば、盗聴カメラや盗聴器のチェックです。
盗聴器などが設置されていれば、取り外します。
監視カメラを設置して防犯を強化し、被害者の安全を確保しなければいけません。

探偵の調査では、被害者が平穏な日常を取り戻すためのストーカー対策も可能です。
防犯カメラの映像は、ストーカー被害の証拠として利用できます。

探偵の調査がストーカーにならない理由

探偵は尾行や張り込みを行いますが、ストーカー行為にはなりません。
その理由は、尾行や張り込みが探偵業法で認められており、ストーカー規制法の定義にも該当しないためです。

ストーカー行為の定義に該当しない

ストーカー規制法第2条の条文は以下のとおりです。

「この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。

一 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その現に所在する場所若しくは通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、又は住居等の付近をみだりにうろつくこと。」

引用:ストーカー行為等の規制等に関する法律|e-Gov法令検索

ストーカーの定義は、好意・怨恨を満たすことを目的に、つきまといや見張りをすることです。
探偵が実施する尾行や張り込みは職務のため、ストーカーの定義に該当しません。

「つきまとい等又は位置情報無承諾取得等」とは?

恋愛感情などが満たされなかったことに対する怨恨の感情を満たすための行為です。
ストーカー規制法の第1条1項・2項・3項で規定されています。

好意を持つ相手だけでなく、その家族に対して以下の行為を行った場合も、規制対象になります。

  • つきまとい・待ち伏せ・押し掛け・うろつき等
  • 監視していると告げる行為
  • 面会や交際の要求
  • 乱暴な言動
  • 無言電話、拒否後の連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNSメッセージ・文書等
  • 汚物等の送付
  • 名誉を傷つける
  • 性的しゅう恥心の侵害
  • GPS機器等を用いて位置情報を取得する行為
  • GPS機器等を取り付ける行為等

ストーカー調査では、規制対象となるつきまといや待ち伏せなどの決定的な証拠を押さえます。
探偵の証拠だけでなく、自分の手元にある証拠も提出するため、大切に保管しておきましょう。

引用:ストーカー行為等の規制等に関する法律 | e-Gov法令検索

探偵業法で認められている

尾行や張り込み・聞き込みは、探偵業法の第2条で認められています。

「この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。」

引用:探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則 | e-Gov法令検索

探偵の尾行や張り込みは、第三者から依頼を受けて特定の人物の所在や行動を収集します。
また、探偵業法上、尾行や張り込みは法律で認められている調査手法です。

探偵がプライベートで尾行を行ったのであれば、ストーカー行為になるおそれがあるでしょう。
業務として行う尾行などの調査は、法律で認められているため、ストーカー行為には値しません。

探偵の尾行が違法にならない理由について、以下の記事で詳しくご紹介しています。
関連記事:探偵の尾行が違法にならない理由は?【GPSや住所特定は違法】

探偵のストーカー調査が必要なケース

警察に被害届を出すだけなら、ストーカー調査の証拠がなくてもできます。
ただしストーカー規制法に基づいて、警察は対応が必要な被害なのかを判断しなければいけません。
警察も対応してもらうために、ストーカー調査でつかんだ証拠が必要です。

ここでは探偵のストーカー調査が必要なケースについてご紹介します。

警察の警告や処罰

被害届が受理されたとしても、実際は警察に対応してもらえないケースが少なくありません。

警察は、被害の深刻度が低いストーカー被害よりも、緊急性が高い事件から対応しなければいけないためです。
法律の成約などにより、緊急性や小さな被害では、警察の取り締まりが制約されることもあります。

被害届を提出するだけでは、証拠不足や緊急性が低いとみなされて、積極的に警察が調査に乗り出す可能性は低いです。
警察に警告や処罰をしてもらうために、探偵のストーカー調査が必要です。

ストーカー調査では、誤認を防ぐためにストーカーの身元も調べなければいけません。
証拠があり身元がわかれば、警察に警告してもらえ、被害者がのぞめば禁止命令や刑事告訴もできます。

探偵がつかんだ証拠は、被害の実証として認められやすいです。
警察を動かし、ストーカーに警告や処罰を下してもらえる可能性が高くなるでしょう。

訴訟を起こす

民事訴訟でストーカー被害を訴えるときにも、探偵のストーカー調査が必要です。

訴訟によって、慰謝料の請求を行います。
探偵のつかんだ証拠は判決を左右するため、被害の立証にかかせません。
また、ストーカー行為をやめなかった場合の罰金を、決めることもできます。

民事裁判だけでなく、刑事裁判でも探偵のつかんだ証拠が必要です。
死傷や監禁などの罪として重いケースに限りますが、刑事訴訟を起こす際にも探偵のストーカー調査が必要になります。

法律のもとでは、探偵のストーカー調査でつかんだ証拠は被害者を守るための大きな武器になるでしょう。
訴訟を検討されている方は、弁護士に相談してください。

探偵のストーカー調査ではできないこと

ここまで探偵のストーカー調査についてご紹介しました。
探偵の調査ではストーカー対策までできますが、あくまでも被害者にとって安全な環境を整えるまでにとどまります。

盗聴器発見や監視カメラの設置、尾行や張り込みなどはできても、ストーカーへの注意や警告、逮捕はできません。
ストーカーの現場にいたとしても、探偵は証拠を押さえることだけしかできないのです。

ストーカー被害の最終的な解決は、警察や弁護士に任せることになります。
その際証拠が必要ですので、探偵にストーカー調査をご依頼ください。

ストーカー調査での探偵の費用相場

ストーカー調査を探偵に依頼するときの費用相場は、1万円~80万円とさまざまです。

業者や料金プラン・調査期間に関する違いにより、料金は異なります。
目安として、以下を参考にしてはいかがでしょうか。

調査目的調査期間調査費用
証拠を集めたい5日間15万円(経費別)
ストーカーの身元特定14日間28万円(経費別)

引用:ストーカー調査の料金例と依頼方法|探偵法人調査士会

ストーカー調査を依頼する探偵選びのポイント

ストーカー調査を依頼する際、探偵選びのポイントとして押さえたいことは、以下のとおりです。

  • 積極的に調査報告書を見せてくれる
  • 調査力が高く実績が豊富

どちらも重要なポイントのため、ご紹介します。

調査報告書を積極的に見せてくれる

調査報告書は、ストーカー被害の深刻さや内容を伝えるための重要な証拠です。
手抜きの報告書では、被害届や訴訟の有効な証拠にならないおそれがあります。

探偵事務所では調査報告書のサンプルを見せてもらえます。
報告書の内容に自信がある業者は、求められなくても積極的に見せてくる可能性が高いでしょう。

ストーカー調査を依頼する探偵選びのポイントとして、参考にしてください。
報告書の内容に自信がある探偵事務所は公式サイトでサンプルを公開しています。
積極的にサンプルを見せてくるのかどうかに注目してみましょう。

調査報告書について、以下の記事で詳しくご紹介しています。
関連記事:探偵の調査報告書とは?【裁判の証拠以外の効果も】調査報告はいつ?

実績豊富で調査力が高い

調査を依頼したことがストーカーにバレてしまえば、依頼者に危険が及ぶリスクがあります。

探偵選びでは失敗のリスクを下げるために、調査力の高さや実績の豊富さで選びましょう。
調査力の高さは実績に通じますので、ストーカー調査を依頼する探偵選びのポイントになります。

そこでおすすめしたいのが安心探偵.comです。
500件以上の調査実績を持つ優良探偵事務所を紹介してもらえます。
安心してストーカー調査を任せられる探偵を把握できるしょう。

もし紹介してもらった探偵事務所を断る場合も、安心探偵.comに代行してもらえます。
面倒な探偵選びをスムーズにできるため、おすすめです。

安心探偵.comへの無料相談はこちらから

ストーカー調査におすすめしたい実績豊富な探偵事務所4社

ストーカー調査を依頼したい方に、実績豊富な探偵事務所をご紹介します。

探偵業届出登録証明書は、探偵業法にしたがって調査を実施している証ですが、4社とも取得しています。
どこも経験豊富な探偵事務所のため、ストーカー調査におすすめです。

また、弁護士との連携もよい探偵事務所ばかりのため、ストーカー関連のトラブル相談も、探偵に依頼するだけでスムーズに進みます。

スクロールできます
探偵社名AKI探偵事務所あい探偵総合探偵社 AMUSE総合探偵社クロル
探偵届出証明番号
東京都公安委員会
第30170172号第30180176号第30150203号第30210097号
メール相談
出張面談
対応エリア全国対応
無料出張相談も可能
全国対応
全国84支社を設置
88の相談室を設置
全国対応
全国6支店を設置
東京/神奈川/大阪/
愛知/福岡/北海道
全国対応
全国6支店を設置
東京/埼玉/愛知/
大阪/岡山/北海道
料金プラン1時間7,000円~(税込)
パック料金制
完全成功報酬制
1時間2,500円~(税抜)
成功報酬制など
1時間3,980円~(税込)【おまかせ調査プラン】18万円~ (税込)
【一緒に調査プラン】10万円~ (税込)
【セルフ調査プラン】0円~
カウンセラーと
弁護士の連携
経過報告
実績弁護士から適法・適性との評価あり相談実績9万件相談実績2万5,000件調査員の調査件数3万2,000件の実績
口コミ公式掲載の評判良好Googleで4以上の評価Googleでの総評4.4みん評で4以上の評価
無料相談の窓口AKI探偵事務所あい探偵総合探偵社 AMUSE総合探偵社クロル

総合探偵社AMUSE(アムス)

総合探偵社アムスのTOP画像

参照:総合探偵社AMUSE(アムス)

総合探偵社AMUSE(アムス)は、2万5,000件の実績を誇る探偵事務所です。
警察に動いてもらえる証拠がなければ、ストーカー行為を解決できません。

AMUSE(アムス)の調査員は10年以上の経験を積んだエキスパート揃いです。
経験と豊富な知識を活かして、ストーカー行為の証拠をとらえます。
警察OBが在籍しているため、警察を動かすために必要な証拠を揃えることが可能です。

調査から報告書の作成まで完結できる頼もしさから、AMUSE(アムス)はストーカー調査におすすめです。

総合探偵社AMUSE(アムス)への無料相談はこちらから

総合探偵社クロル

総合探偵社クロルのTOP画像

参照:総合探偵社クロル

総合探偵社クロルは、3万2,000件の実績を誇る探偵事務所です。
ストーカー調査では、被害者に危険が及ばないよう、安全に調査を遂行しなければいけません。

クロルでは、調査経験15年や25年などを誇るベテラン調査員に任せることができます。
安心してストーカー調査を任せられることからおすすめです。

尾行をメインに張り込みまで行うストーカー調査では、イレギュラーな事態に陥るケースも少なくありません。
長年の調査経験を活かして対応できるため、ストーカー調査を成功へ導きます。

依頼者が安全に解決できるようにストーカー調査を遂行することから、クロルはおすすめです。

総合探偵社クロルへの無料相談はこちらから

AKI探偵事務所

AKI探偵事務所のTOP画像

参照:AKI探偵事務所

AKI探偵事務所は実績を公開してはおらず、派手な宣伝も行っていません。
しかし口コミの多さからも実績豊富であることが明確で、依頼者からの評判がよい探偵事務所です。

ストーカー調査は、尾行や張り込みを中心とした調査を行います。

AKI探偵事務所は、日々調査技術の向上に努めており、調査力の高さが特徴です。
証拠を撮影する撮影機材のアップデートや、撮影力の高さにも余念がありません。

調査力と撮影力に優れていることは、調査報告書を裁判で使えて慰謝料を受け取れたという口コミや評判からも明確です。

高い調査力や報告書のクオリティから、AKI探偵事務所はストーカー調査におすすめしたい探偵事務所です。

AKI探偵事務所への無料相談はこちらから

あい探偵

あい探偵のTOP画像

参照:あい探偵

あい探偵は、9万件の実績を誇る探偵事務所のため、ストーカー調査におすすめです。
浮気調査だけでなく、ストーカー調査も得意としています。

調査員の高い調査力とセンスで、ストーカーに気づかれないよう証拠をつかみます。
裁判の証拠収集も得意としており、質の高い報告書は依頼者にも評判です。

警察への被害届や民事訴訟でも有利になる証拠を押さえられることから、あい探偵はストーカー調査におすすめでしょう。

あい探偵への無料相談はこちらから

まとめ

探偵にストーカー調査を依頼すれば、ストーカー規制法で認められている被害の証拠をつかめます。
調査の目的は、証拠をもとに被害届の提出や訴訟を起こしてストーカー行為の解決をめざすことです。

警察への被害届や訴訟では、探偵の証拠だと認められやすいです。
なお、ストーカー被害の証拠は自分で証拠をつかむことはできません。
解決するのであれば、探偵へストーカー調査を依頼することが大切です。

探偵への依頼を悩んでいる方は、まずは無料相談で自分が持っている被害の証拠を伝えてみてはいかがでしょうか。
自分がストーカー被害から解放するためにはどうしたらよいのか、無料でアドバイスを仰げます。

ストーカー被害や不安から解放されて、平穏な生活を取り戻したい方はぜひ参考になさってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次